志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

公開日:

「こんな時代に夢がある」――。ネットでこう持ち切りなのが、志村けん(68)の豪快な飲みっぷりだ。よく志村に飲みに連れて行ってもらうというお笑いコンビ千鳥の大悟(38)がバラエティー番組でこんなエピソードを披露したのだ。

 高級すし店に行ったあと、銀座の高級クラブへとハシゴ。そこで美女をはべらせ2時間飲んで、大悟が「次どうしますか」と向けるとまた「すし屋行こうか」と答えたり。志村いわく「本当は安い居酒屋が口に合うんだ」と、若いサラリーマンで賑わうような大衆酒場の暖簾もくぐるそうで、カウンターなどでグビグビやったりもするのだとか。そんな志村の姿に居合わせた客たちは共感を寄せるが、帰りしな、バスほどの大きさの運転手付きロールスロイスが迎えにきて、「やっぱり俺たちと違う」といった反応を客たちは見せるという。

 志村といえば、芸能界独身貴族の筆頭格。スポーツ紙芸能デスクが言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  3. 3

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  4. 4

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  5. 5

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  6. 6

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  7. 7

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  8. 8

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  9. 9

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  10. 10

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

もっと見る