池上彰の神通力低下? 首位から4位に陥落のテレ東選挙特番

公開日: 更新日:

 選挙特番に異変!? 民放キー局の中では国政選挙で4回連続トップになり、圧倒的な強さを誇っていたテレビ東京がまさかの4位に転落した。

 テレ東といえば、池上彰で今回も「池上彰の参院選ライブ」で勝負したが、メインの第2部20~21時の視聴率は6.0%。政治家への容赦ない斬り込みは「池上無双」とまでいわれ、もてはやされたが、その神通力もこれまでということか。

 トップは、NHK。時間帯別の最高は、20~21時の14.7%で常時2ケタ台をキープ。民放1位は元NHKアナの有働由美子&桜井翔の日本テレビで、19時58分~21時に10.6%をマーク。瞬間最高13.9%だった。

 富川悠太徳永有美テレビ朝日は19時58分~20時22分が9.6%。宮根誠司加藤綾子フジテレビは19時56分~21時が6.2%、TBSは元テレ朝の小川彩佳らが担当、19時57分~21時29分が5.8%だった。だんご状態とはいえ、テレ東は4位陥落になった。

「ユニークな政治家のプロフィルなどテレ東の選挙特番は他局と違う切り口と、安心の池上彰ブランドということで人気も高かったのですが、他局がマネをし、どこも同じになってしまった。そこで今回は“見たことのない選挙特番”を売りに議員のカラオケなんかをやっていました。でも何が悲しくて、石破茂が熱唱するキャンディーズの『その気にさせないで』を聞かされなくちゃいけないのか。悪ノリが過ぎるのではないか」(テレビウオッチャー)

 参院選は48.80%と24年ぶりに50%を割る低投票率。選挙への関心の低さも“池上特番”には響いたかも。

(数字はビデオリサーチ調べ、関東地区) 

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    阪神岡田監督の焦りを盟友・掛布雅之氏がズバリ指摘…状態上がらぬ佐藤輝、大山、ゲラを呼び戻し

  2. 2

    氷川きよし待望の復帰コンサートが販売不振? 独立後にメディア出演がパタリとなくなったワケ

  3. 3

    石丸伸二ブーム終焉の兆し…「そこまで言って委員会」で泉房穂氏の舌鋒にフリーズし“中身ナシ”露呈

  4. 4

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  5. 5

    吉村大阪府知事と「羽鳥慎一モーニングショー」で因縁の対決 玉川徹氏は終始冷静で大人だった

  1. 6

    マイナ保険証ゴリ押しへ新たな「ニンジン作戦」…10月からこっそり診療報酬4割アップの姑息

  2. 7

    築地場外市場“再開発”は新たな「負のレガシー」か…現地に漂うシラけムード

  3. 8

    阪神岡田監督の気になる進退 来季続投がスジだが…単純にそうはいかない複雑事情

  4. 9

    日本に留まる男子プロが世界から見捨てられる日…国内ツアーは米下部ツアーより格下扱い

  5. 10

    一人横綱・照ノ富士が満身創痍でも引退できない複雑事情…両膝と腰に爆弾抱え、糖尿病まで