NHKとテレ東は参院選開票特番「もう、やめたい」が本音

公開日: 更新日:

 NHKと民放テレビ・キー局は7月20日・土曜日の時点で、翌21日投開票の参院選当選者のすでに8割の当確を読み込んでいる。残り2割も、出口調査を加味して、投票締め切りと同時に当落を判定するという。

「近ごろは、有権者の投票行動のビッグデータや世論調査・情勢調査、期日前投票などの解析精度が飛躍的に上がり、当日の出口調査を待たなくても、十分に当落予想はつくんです。やろうと思えば、開票特番が始まった直後の午後8時に、数選挙区を除けば、ほぼすべての当確は出せます」(テレビ局選挙本部キャップ)

 しかし、それでは長尺の開票特番はもたない。票数を刻々と速報し、当確を小出しにして、あたかもテレビ局が早打ち競争をしているような演出で盛り上げるのだ。では、それによって、看板キャスターがあおるほどに視聴率は上がるのか。それがそうでもないらしい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    神戸大大学院教授木村幹氏 日韓関係はICJ提訴で諮ればいい

  2. 2

    大谷、菅野…更改で気になる高給取り5選手のカネの使い道

  3. 3

    ユースケ・サンタマリア起用に見え隠れする現場の「意地」

  4. 4

    今年のCOTYはトヨタRAV4 その意味を一度考えてみてほしい

  5. 5

    安倍政権に国家賠償も…「桜」がジャパンライフ被害を加速

  6. 6

    元陸自・ラファエルが語る「時給日本一のYouTuber」仕事術

  7. 7

    安倍政権中枢総ぐるみ ジャパンライフ汚染議員30人の名前

  8. 8

    「桜」会見支離滅裂釈明 菅長官辞任なら安倍政権どうなる

  9. 9

    殺し合いで圧倒した側の論理が筋になるのがヤクザの喧嘩

  10. 10

    二宮和也は2021年6月に“海外挙式”へ 気になる場所と招待客

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る