パクリ疑惑影響か 池上彰「好きな司会者」ランク外の理由

公開日: 更新日:

 オリコンが「第11回好きな司会者ランキング」を25日に発表し、明石家さんまが3年ぶりに首位に返り咲いた。2位はマツコ・デラックス、3位は内村光良と続いた。

 気になるのはランキング常連(昨年は9位)の池上彰がランク外になったことだ。

 池上は現在、「池上彰のニュースそうだったのか!!」(テレビ朝日系)や「日曜ゴールデンの池上ワールド 池上彰の現代史を歩く」(テレビ東京系)などでレギュラーを務めている。

 政治や経済、国際情勢などのニュースを子供でも理解できるような分かりやすい解説に定評があったが、一体何があったのか。

「昨年9月に元経産官僚で評論家の八幡和郎氏が番組スタッフから〈池上の番組の方針で、番組では八幡さんの意見ではなく池上の意見として紹介しますがご了解いただけるでしょうか〉と相談されたことをSNSで明かしました。これを受けて〈池上彰の『パクリ疑惑』〉などと書いたネットメディアもありました。池上さんは全面否定しましたが、八幡氏以外にも有本香氏や上杉隆氏といったジャーナリストも同様の指摘をしました」(テレビ局関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  2. 2

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  3. 3

    統一地方選で2ケタ議席「N国党」と「幸福党」大躍進のナゼ

  4. 4

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  5. 5

    開幕5カード全負け越し“投壊”広島が再建託す2人の秘密兵器

  6. 6

    マラソン大迫傑が牙をむいた日本陸連の「本音」と「忖度」

  7. 7

    就職戦線“買い手市場”に激変 新卒採用は氷河期に向かう

  8. 8

    ジャニーズ頼みは厳しい?ドラマ視聴率と主題歌の相反関係

  9. 9

    「失われた10年」を「30年」に拡大させた戦後の無責任体制

  10. 10

    開幕から6戦全勝 原巨人5年ぶりV奪回は“カモ虎”と共に

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る