池上彰が共演NG? 有働由美子“ジャーナリスト宣言”の波紋

公開日:  更新日:

 10月から「NEWS ZERO」(日本テレビ系)のメインキャスターをつとめる、元NHKアナウンサー・有働由美子(49)の「ジャーナリスト宣言」が波紋を呼んでいる。NHKの先輩でもある池上彰(67)との共演が断られたと発売中の「女性自身」が報じている。

 日本テレビは10月からの本格稼働に向け、有働と池上の夏の報道特番を企画、視聴率をガッポリ稼げると思いきや、池上サイドがこれを拒否し、番組は流れてしまったというのである。

 原因は有働のNHK退社時の「今後、有働由美子というジャーナリストとして……精進してまいります」という一言。これに池上は「ジャーナリストとしてはそんなに簡単にジャーナリストなんて自称してほしくない」と難色を示していたというのだが……。芸能評論家の肥留間正明氏がこう言う。

「池上氏はニュースの題材の背景、人間分析など多角的に情報を集めてわかりやすく説明するというスタイルを確立しました。ジャーナリストは事件を掘り下げ、ニュースを作るのが仕事。自身の信念で調査、主張を通すので、何でも扱うテレビ番組のキャスターとは本質的に異なります。時間的にも、平日レギュラー番組を担当した上で現場に取材に行くことは難しいですし、専門分野も絞らず、あんな宣言をした“浅はかさ”が池上さんをがっかりさせたのでしょう。とはいえ、有働さんほどの“テレビの申し子”はいませんから、今後は新番組の司会・キャスターを極めるべきです」

 まずはキャスターとして地歩を固めてからでも遅くはない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    誤球の松山に「お粗末の極み」と厳し声 手抜きの指摘も

  3. 3

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  4. 4

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  5. 5

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  6. 6

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  7. 7

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  8. 8

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  9. 9

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  10. 10

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

もっと見る