• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

池上彰が共演NG? 有働由美子“ジャーナリスト宣言”の波紋

 10月から「NEWS ZERO」(日本テレビ系)のメインキャスターをつとめる、元NHKアナウンサー・有働由美子(49)の「ジャーナリスト宣言」が波紋を呼んでいる。NHKの先輩でもある池上彰(67)との共演が断られたと発売中の「女性自身」が報じている。

 日本テレビは10月からの本格稼働に向け、有働と池上の夏の報道特番を企画、視聴率をガッポリ稼げると思いきや、池上サイドがこれを拒否し、番組は流れてしまったというのである。

 原因は有働のNHK退社時の「今後、有働由美子というジャーナリストとして……精進してまいります」という一言。これに池上は「ジャーナリストとしてはそんなに簡単にジャーナリストなんて自称してほしくない」と難色を示していたというのだが……。芸能評論家の肥留間正明氏がこう言う。

「池上氏はニュースの題材の背景、人間分析など多角的に情報を集めてわかりやすく説明するというスタイルを確立しました。ジャーナリストは事件を掘り下げ、ニュースを作るのが仕事。自身の信念で調査、主張を通すので、何でも扱うテレビ番組のキャスターとは本質的に異なります。時間的にも、平日レギュラー番組を担当した上で現場に取材に行くことは難しいですし、専門分野も絞らず、あんな宣言をした“浅はかさ”が池上さんをがっかりさせたのでしょう。とはいえ、有働さんほどの“テレビの申し子”はいませんから、今後は新番組の司会・キャスターを極めるべきです」

 まずはキャスターとして地歩を固めてからでも遅くはない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    中居正広“ジャニーズ残留”決定か…ウラに野望とカネと打算

  2. 2

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  3. 3

    キムタク低迷と次女デビューで…動き出した工藤静香の狙い

  4. 4

    無策の安倍首相を尻目に…本田圭佑「電撃訪朝」急浮上

  5. 5

    竹内涼真vs手越祐也 明暗分かれたサッカーW杯キャスター評

  6. 6

    フジの中居MC計画潰した 「徹子の部屋」は元の放送時間へ

  7. 7

    強豪私学が相次ぎ予選敗退…公立高校が全国で“逆襲”のワケ

  8. 8

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  9. 9

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

  10. 10

    最近目立つ暴力事件より高校野球で根深いのは“たばこ問題”

もっと見る