テレ朝ヤラセ問題は氷山の一角…テレビ局“下請け残酷物語”

公開日: 更新日:

「虫が良すぎる」との声が上がっている。

 テレビ朝日が平日夕方の報道・情報番組「スーパーJチャンネル」で不適切な演出があったとして、会見で謝罪した件。ことし3月放送の企画コーナーに登場したスーパーで「密着取材」の「買い物客」とは、担当の男性ディレクター(49)が仕込んだもので、知人5人に来客者のように振る舞わせ、男性が女性に恋の告白をする場面まで捏造していたというのだ。

 同じ夕方の情報番組では、日本テレビ系「news every.」の企画コーナー「気になる!」でも、ことし3月にヤラセ疑惑が一部で取り沙汰された。オープン間もない店を取材しインタビューしたようにオンエアされたが、コーナーに登場した客たちは実は番組スタッフがSNSを通じて募ったエキストラだったらしい。

 情報番組ではNHKの「クローズアップ現代」でも、2014年5月放送の「追跡“出家詐欺”」はBPO(放送倫理・番組向上機構)から放送倫理違反があったと指摘されているし、バラエティーとなると、TBSが「消えた天才」と「クレイジージャーニー」で不適切な演出があったと先日発表し、日テレ「世界の果てまでイッテQ!」の海外お祭り企画のヤラセ疑惑騒動も視聴者の記憶に新しいだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

  2. 2

    【スケートボード】史上最年少金・西矢椛と銅・中山楓奈 メダリスト2人の“家庭の事情”

  3. 3

    全米ホロリ…おひとりさま高齢女性客が残したチップとメモの想い

  4. 4

    「報ステ」大越健介キャスター抜擢で…テレ朝から聞こえてきた不協和音

  5. 5

    テレ朝「報ステ」大越健介氏キャスター抜擢で囁かれる“相方”女性キャスターの名前

  6. 6

    テレ朝・斎藤ちはるアナのコロナ感染で"TBSのドン・ファン"に再び脚光が…

  7. 7

    開会式トンズラの安倍前首相 日本人メダルラッシュにも沈黙のナゼ

  8. 8

    福原愛が念願の五輪解説で大張り切り “不倫妻イメージ”払拭に躍起も複雑な胸中

  9. 9

    「この家に入るニャ!」インドで猫が毒蛇コブラの侵入を防ぐ

  10. 10

    五輪開会式やはりブーイング噴出、パクリ批判まで…米国でも視聴率最低で閉会式は大丈夫?

もっと見る