「嵐」抜き出演ランク1位に 山里亮太に「蒼井優バブル」到来

公開日: 更新日:

 年明けから広告業界関係者の間で話題になっている調査結果がある。それはテレビ番組・CMのリサーチ会社「エム・データ」が6日に発表した「2019年~2020年の年末年始TV番組出演ランキング」だ。

 19年12月28日から20年1月3日までの1週間に放送された在京キー局のテレビ番組(NHK・Eテレは除く)にタレントがどれだけ出演したかを調べた調査で、関係者いわく「今年の広告業界を占う上での試金石」だという。

 このランキングで1位に輝いたのが、出演本数17本の南海キャンディーズ・山里亮太(42)で、前年の圏外から一気にトップに躍り出た。ちなみに昨年のトップは嵐・二宮和也(36)で、ほかの上位も嵐のメンバーがほぼ独占。今年も6位タイに大野智(39)、松本潤(36)、二宮の3人が出演本数13本でランクインした。山里は例年、嵐のメンバーが上位に君臨するランキングで、いきなりトップに立ったことになる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    秋篠宮家の眞子さまは一時金1億5000万円では生活できない

  2. 2

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  3. 3

    秋篠宮家を守る官僚や取り巻きの危機管理はマヒ状態

  4. 4

    首都圏“宣言”解除に暗雲 都が積極的調査で陽性掘り起こし

  5. 5

    眞子さまへ一時金1億5千万円「支給するな」は法律的に暴論

  6. 6

    「重要なのは人柄」社員に説得され重い腰を上げた創業者

  7. 7

    吉本“粛清”ターゲットの大本命は加藤浩次よりキンコン西野

  8. 8

    小室圭さん結婚強行で「税金ドロボー」の声に逆転の秘策

  9. 9

    NHK視聴率快挙は“Wリョウ”次第?朝ドラの成田、大河の吉沢

  10. 10

    タモリの融通無碍な会話力の原点 九州の会社員時代に悟る

もっと見る