「嵐」抜き出演ランク1位に 山里亮太に「蒼井優バブル」到来

公開日: 更新日:

 年明けから広告業界関係者の間で話題になっている調査結果がある。それはテレビ番組・CMのリサーチ会社「エム・データ」が6日に発表した「2019年~2020年の年末年始TV番組出演ランキング」だ。

 19年12月28日から20年1月3日までの1週間に放送された在京キー局のテレビ番組(NHK・Eテレは除く)にタレントがどれだけ出演したかを調べた調査で、関係者いわく「今年の広告業界を占う上での試金石」だという。

 このランキングで1位に輝いたのが、出演本数17本の南海キャンディーズ・山里亮太(42)で、前年の圏外から一気にトップに躍り出た。ちなみに昨年のトップは嵐・二宮和也(36)で、ほかの上位も嵐のメンバーがほぼ独占。今年も6位タイに大野智(39)、松本潤(36)、二宮の3人が出演本数13本でランクインした。山里は例年、嵐のメンバーが上位に君臨するランキングで、いきなりトップに立ったことになる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    内閣支持率が急降下 現実味を帯びてきた安倍首相の終わり

  2. 2

    自民の圧力か ANAホテル豹変しメディアの桜質問にゼロ回答

  3. 3

    嵐ファン真っ青…北京公演中止に続き21年結婚ラッシュ突入

  4. 4

    安倍首相の嘘にもう驚かない 耐性ができたが用心はしてる

  5. 5

    女性がNHK大河ソッポ 長谷川博己“若い明智光秀”なぜ不評?

  6. 6

    クルーズ船“潜入”医師 安倍政権の感染デタラメ対応を暴露

  7. 7

    “犬猿の仲”の本当の関係 野村監督は長嶋監督嫌いだった?

  8. 8

    口封じの国策捜査で実刑に…森友事件の真相は解明されず

  9. 9

    小説家中島京子氏 ふつうのことをしたANAホテルを支持する

  10. 10

    理想の打順を「1番から9番までイチロー」と答えた野村監督

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る