碓井広義
著者のコラム一覧
碓井広義メディア文化評論家

1955年長野県生まれ。慶應義塾大学法学部政治学科卒業。千葉商科大学大学院政策研究科博士課程修了。博士(政策研究)。81年テレビマンユニオンに参加。以後20年、ドキュメンタリーやドラマの制作を行う。代表作に「人間ドキュメント 夏目雅子物語」など。慶應義塾大学助教授などを経て2020年3月まで上智大学文学部新聞学科教 授。専門はメディア文化論。著書に「倉本聰の言葉―ドラマの中の名言」ほか。

入浴シーンも…浜辺美波が見せる19歳でアッパレな女優魂

公開日: 更新日:

 事件の容疑者にとって、その犯行は可能か、不可能か。鍵を握るのがアリバイだ。基本的には無実であることを示す事実を指す。真犯人が罪から逃れるためにアリバイを主張すれば、捜査陣はそれを崩さなくてはならない。

 浜辺美波主演「アリバイ崩し承ります」の最大の特色は、探偵役が時計店を営む20代女性であることだ。

 美谷時乃(浜辺)は、亡き祖父(森本レオ)から時計修理の技術だけでなく、アリバイ崩しの能力も継承している。この設定が面白い。

 原作は大山誠一郎の小説。謎解きやトリック、名探偵の活躍が軸になっているという意味で、堂々の本格ミステリーだ。ドラマでは原作に2つの大きな変更を加えている。

 1つは時乃にアリバイ崩しを依頼するのが新米の若手刑事ではなく、現場経験の薄い管理官(安田顕)であること。2つ目が、原作では刑事の話を聞くだけで推理していた時乃を、現場に行けるようにしたことだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    松本潤主演「99.9」ヒロインが黒木華ではなく杉咲花のワケ

  2. 2

    小室ママ雲隠れ…眞子さま"代理解決"を急ぐ秋篠宮家の事情

  3. 3

    NHK「おちょやん」が不人気 話題にもならないのはなぜか

  4. 4

    47都道府県の1日新規感染を“東京換算” 浮かび上がる深刻さ

  5. 5

    近藤春菜”レギュラーゼロ“にならず 土俵際で見せた粘り腰

  6. 6

    菅田将暉「コントが始まる」低視聴率発進となった理由2つ

  7. 7

    「おかえりモネ」清原果耶にかかる重圧…前作大苦戦の連鎖

  8. 8

    「総辞職は時間の問題」という声も 虚ろな首相はもう限界

  9. 9

    眞子さまは小室家に嫁いで大丈夫?「育ち」を見極める言動

  10. 10

    三田寛子が不倫を繰り返す夫・中村芝翫と離婚しない理由

もっと見る