碓井広義
著者のコラム一覧
碓井広義メディア文化評論家

1955年長野県生まれ。慶應義塾大学法学部政治学科卒業。千葉商科大学大学院政策研究科博士課程修了。博士(政策研究)。81年テレビマンユニオンに参加。以後20年、ドキュメンタリーやドラマの制作を行う。代表作に「人間ドキュメント 夏目雅子物語」など。慶應義塾大学助教授などを経て2020年3月まで上智大学文学部新聞学科教 授。専門はメディア文化論。著書に「倉本聰の言葉―ドラマの中の名言」ほか。

「恋つづ」の一途な萌音 こんな娘がいてもいいじゃないか

公開日: 更新日:

 姉妹で女優といえば、広瀬アリス・すずの2人が思い浮かぶ。だが、こちらも負けてはいない。萌音(もね)と萌歌(もか)の上白石姉妹である。

 姉の萌音の知名度を一気に押し上げたのはアニメ映画「君の名は。」だ。2次元のヒロイン、宮水三葉に命を吹き込む名演だった。ドラマでは昨年の「怪談牡丹燈籠」(NHK・BSプレミアム)で演じた、お露が絶品と言うしかない。亡霊でありながら、好きな男につきまとう女の執念が悲しく美しく、また怖かった。

 そして今期の主演作が「恋はつづくよどこまでも」だ。女子高生だった七瀬(萌音)は偶然出会った医師、天堂(佐藤健)に一目ぼれ。彼の近くに行こうと決意し、努力してナースになった。現在は新人として、天堂と同じ病院に勤務している。

 確かに医療ドラマの一種だが、メインは「七瀬の恋」である。かつて多くの映画やドラマが作られた「愛染かつら」以来、医師と看護師の恋愛物は日本の伝統芸だ。ただし、こちらはいわゆるラブコメで、気楽に楽しめるのがいい。最初は歯牙にもかけなかった天堂が、いつの間にか七瀬を憎からず思っている。

 萌音は、お露にも負けない一途さで天堂を慕う。それでいて自信はないし、泣き虫だ。うっとうしさの一歩手前で、そのけなげさが七瀬を救っている。一途でけなげ。こんな娘がいてもいいじゃないかと、つい応援したくなってくる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    30万円給付は7月? 安倍政権「コロナ補償」に悪評ふんぷん

  2. 2

    危機感が足りない?新型コロナ蔓延でも芸能人は遊びまわる

  3. 3

    「スカーレット」“老け演技”で見せつけた俳優マギーの底力

  4. 4

    ドアノブや貨幣…物質表面でのウイルスの生存期間は?

  5. 5

    緊急経済対策 中小企業向け特別融資「貸し渋り」の実態

  6. 6

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  7. 7

    安倍首相「緊急事態宣言」なぜ国民の心に響かなかったのか

  8. 8

    コロナ患者激白「喉に金串が刺さったような耐え難い痛み」

  9. 9

    河井前法相が自ら20万円を 現職議員が“実弾”手渡せた理由

  10. 10

    まるで竹槍持たされて本土決戦に臨む戦争末期の日本と同じ

もっと見る