碓井広義
著者のコラム一覧
碓井広義上智大学教授(メディア文化論)

1955年長野県生まれ。慶應義塾大学法学部政治学科卒業。千葉商科大学大学院政策研究科博士課程修了。博士(政策研究)。81年テレビマンユニオンに参加。以後20年、ドキュメンタリーやドラマの制作を行う。代表作に「人間ドキュメント 夏目雅子物語」など。慶應義塾大学助教授などを経て2020年3月まで上智大学文学部新聞学科教 授。専門はメディア文化論。著書に「倉本聰の言葉―ドラマの中の名言」ほか。

「病室で念仏を」伊藤英明はキワモノかと思ったが結構骨太

公開日: 更新日:

 今期、医療ドラマが複数並んだが、中でも異色の一本が「病室で念仏を唱えないでください」だ。何しろ主人公の松本照円(伊藤英明)は、「医師にして僧侶、僧侶にして医師」という変わり種。僧衣をまとい、亡くなった方のために霊安室で「お経」を唱え、入院患者の「心のケア」みたいな活動もしている。

 当初、一種のキワモノかと思ったが、実は結構骨太な作品であることがわかってきた。それを支えているのがエリート心臓血管外科医、濱田(ムロツヨシ)の存在だ。腕がいいだけでなく、野心家であり、自身の名声のためなら手段を選ばない。

 そんな濱田が執念を燃やしているのが、「こどもハートセンター」の設立だ。先週も、重い心臓病の少女を救うことで、祖父である心臓外科学会理事長(きたろう)に恩を売り、医師会の応援を得ようとしていた。

 その手術には、ペースメーカー会社から賄賂を受け取っていた若手医師の手助けが必要で、濱田は手術終了までは彼をかばう。そして手術後、「おまえの悪は小遣い稼ぎで、僕のは患者に必要な悪」と追い出した。「医師はカネや法や正義ではなく、命の奴隷だ!」と見事なタンカを切って。

 正義か悪か、シロかクロかでは割り切れない、「命と医療」の領域。ドラマの中で松本が口にした「両忘(二元論から脱する)」という禅の言葉も印象に残った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  2. 2

    公務員はコロナ禍で収入が減る民間に合わせる気はないのか

  3. 3

    小池知事「3連休の怠慢」都内感染1000人超えはまさに人災

  4. 4

    「コロナ感染ウソ」で露呈 JYJジェジュンの非常識と幼稚さ

  5. 5

    与野党の医師議員が“アベノマスクの乱” 政権の愚策に決起

  6. 6

    隠れコロナか 東京都で「インフル・肺炎死」急増の不気味

  7. 7

    桑子と和久田 NHK朝夜メインキャスター異例トレードの成果

  8. 8

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  9. 9

    緊急事態宣言発令で通勤電車が「3つの密」状態になる恐れ

  10. 10

    藤浪トレード急加速 コロナ感染契機に他球団が再調査開始

もっと見る