碓井広義
著者のコラム一覧
碓井広義メディア文化評論家

1955年長野県生まれ。慶應義塾大学法学部政治学科卒業。千葉商科大学大学院政策研究科博士課程修了。博士(政策研究)。81年テレビマンユニオンに参加。以後20年、ドキュメンタリーやドラマの制作を行う。代表作に「人間ドキュメント 夏目雅子物語」など。慶應義塾大学助教授などを経て2020年3月まで上智大学文学部新聞学科教 授。専門はメディア文化論。著書に「倉本聰の言葉―ドラマの中の名言」ほか。

「病室で念仏を」伊藤英明はキワモノかと思ったが結構骨太

公開日: 更新日:

 今期、医療ドラマが複数並んだが、中でも異色の一本が「病室で念仏を唱えないでください」だ。何しろ主人公の松本照円(伊藤英明)は、「医師にして僧侶、僧侶にして医師」という変わり種。僧衣をまとい、亡くなった方のために霊安室で「お経」を唱え、入院患者の「心のケア」みたいな活動もしている。

 当初、一種のキワモノかと思ったが、実は結構骨太な作品であることがわかってきた。それを支えているのがエリート心臓血管外科医、濱田(ムロツヨシ)の存在だ。腕がいいだけでなく、野心家であり、自身の名声のためなら手段を選ばない。

 そんな濱田が執念を燃やしているのが、「こどもハートセンター」の設立だ。先週も、重い心臓病の少女を救うことで、祖父である心臓外科学会理事長(きたろう)に恩を売り、医師会の応援を得ようとしていた。

 その手術には、ペースメーカー会社から賄賂を受け取っていた若手医師の手助けが必要で、濱田は手術終了までは彼をかばう。そして手術後、「おまえの悪は小遣い稼ぎで、僕のは患者に必要な悪」と追い出した。「医師はカネや法や正義ではなく、命の奴隷だ!」と見事なタンカを切って。

 正義か悪か、シロかクロかでは割り切れない、「命と医療」の領域。ドラマの中で松本が口にした「両忘(二元論から脱する)」という禅の言葉も印象に残った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  3. 3

    菅首相にバイデン“塩対応”…五輪は「開催努力」支持どまり

  4. 4

    松山は偉業達成も…ちょっと残念だった日本語優勝スピーチ

  5. 5

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  6. 6

    小池知事の無策が招くGW明け新規感染3800人の最悪シナリオ

  7. 7

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  8. 8

    ダウンタウン浜田雅功がアラ還にして成功した"可愛い戦略"

  9. 9

    日米首脳会談“台湾問題”中国激怒で打撃を受けかねない14社

  10. 10

    石原さとみ「恋ぷに」推測合戦に…すぐ離脱はもったいない

もっと見る