鶴瓶やタモリもメロメロ 大物を虜にするあいみょんの魅力

公開日: 更新日:

「半沢直樹」とともに話題になった「私の家政夫ナギサさん」では多部未華子大森南朋が注目されたが、ヒットを支えたのは若い多部の戸惑う心情と重なるような、あいみょんが歌う主題歌「裸の心」だった。紅白歌合戦に民放ドラマの主題歌を歌った歌手が出場することも多いが、今年ならあいみょんだろう。

 このところ、あいみょんに前のめりな芸能界の大物も目につく。8月に「A―Studio+」で共演した笑福亭鶴瓶は今月6日にはニッポン放送「日曜日のそれ」に電話出演してもらうほどメロメロ。タモリは番組であいみょんの意外な一面を引き出し、ニュースになった。昨春あいみょんは「タモリ倶楽部」で官能小説の世界を紹介したが、今月18日、同番組の浮世絵の春画をテーマにした放送では「官能小説と同じくらい春画が好きです」と語ってタモリを喜ばせた。歌川国芳の骸骨も登場する春画を見てコメントした「妖怪になってまでも尽きない、この性欲」はけだし名言か。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「麒麟がくる」放送再開も苦戦 関係者が明かす“3つの要因”

  2. 2

    沢田研二に不倫と別居説…自宅周辺の聞き込みは即バレした

  3. 3

    元祖ビジュアル系 ジュリーの化粧に賛否両論が巻き起こる

  4. 4

    菅首相えげつない灰色“錬金術パーティー” 規正法に抵触か

  5. 5

    劇場版「鬼滅の刃」公開 SNSの“負の側面”から広がった共感

  6. 6

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  7. 7

    住宅街に巨大な穴…外環道予定ルート“陥没危機地帯”マップ

  8. 8

    今や芸能界をけん引「アラフィフ女性」パワーに男もかすむ

  9. 9

    再燃する矢野降ろし…岡田氏再登板を後押しする阪神の忖度

  10. 10

    学術会議問題に思う 税金は私たちの物で政権の物ではない

もっと見る