松田聖子40周年で根性のフル回転…唯我独尊貫くエピソード

公開日: 更新日:

 今年、デビュー40周年の松田聖子(58)がコロナ禍による停滞を吹き飛ばそうとばかりに活動中だ。

 今月末にリリースする記念アルバム「SEIKO MATSUDA 2020」では、「夏の扉」「白いパラソル」「チェリーブラッサム」などの大ヒット曲を手がけたチューリップの財津和夫(72)に37年ぶりに作曲を依頼。その新曲「風に向かう一輪の花」を歌う映像の一部をネット公開したティザー広告で変わらぬ笑顔をふりまいているほか、HPではオンラインショップに「可愛いティーカップ&ソーサー、お紅茶、そして、スイートなケーキとクッキーが登場しました!」とPR。今月22日放送のNHK総合「松田聖子スペシャル 風に向かって歌い続けた40年」では、これまでの歩みを振り返り、NHKのスタジオで行われたインタビューの収録では何度も涙を流したそうだ。

「すごいラッシュですね。夏のコンサートツアーと年末のディナーショーという、どちらもチケット入手困難なほど人気の恒例イベントの2本柱がコロナ禍で中止を余儀なくされてしまいましたけど、転んでもタダでは起きない変わらぬガッツを見せてもらった気がします」と、聖子ウオッチャーのベテラン芸能記者、青山佳裕氏は言うのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    岡村隆史の結婚秘話「相手はあの子」NSC時代の恩師明かす

  2. 2

    給付金に文句の麻生氏“10万円超”飲食73回の異常な金銭感覚

  3. 3

    菅首相が所信表明で言い間違い連発…予算委“火だるま”必至

  4. 4

    岡村隆史“奇跡のV字回復”なのに 新妻をひた隠しにするワケ

  5. 5

    田中みな実“低身長”発言が物議…153cmは女優の武器に?

  6. 6

    11月1日廃止されるのは大阪市ではなく民主主義ではないか

  7. 7

    岡村隆史は自称“風俗オタク”…結婚生活はうまくいくのか

  8. 8

    近大・佐藤1位指名も阪神育成ベタ…よぎる“藤浪の二の舞”

  9. 9

    転落に巻き添えで女子大生死亡…遺族は補償を受けられるか

  10. 10

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

もっと見る