映画「薬の神じゃない!」が活写する中国医薬事情の暗部

公開日: 更新日:

「よくぞ中国で」と、試写会で映画関係者から驚きの声が相次いだ。

 上海で国内未承認の抗がん剤を密売したとして、社会問題になった事件を映画化した「薬の神じゃない!」。厳しい検閲を突破できるか危ぶむ声もあるなか、いざ公開となると中国国内で興収500億円の大ヒットを記録した話題作である。

 映画ファンならば、第86回アカデミー賞の主要部門で2冠に輝いた「ダラス・バイヤーズクラブ」を思い出すであろう。同作では未承認のHIV治療薬を密輸し患者に届けたカウボーイが描かれたが、「薬の神――」は慢性骨髄性白血病患者の依頼を受け、成分が同じながら安価なインドの薬の密輸密売へと、男性向け回春薬販売店の店主の男が動く。どん底人生から這い上がるための金目当てだったのが、中国で海外の医薬品を買うと税金や仲介手数料が上乗せされ、高額医療費で知られる米国の倍以上になるといった事情を知っていく。医療でも格差があり、薬を必要とする庶民の手には入らないという現実に突き動かされ……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    (2)日本の新幹線は「世界で最も安全で最高の技術」と、値引きに一切耳を貸さず

    (2)日本の新幹線は「世界で最も安全で最高の技術」と、値引きに一切耳を貸さず

  2. 2
    退社発表の日テレ桝太一アナに「やっぱりね」の声 隠しきれなかった博識エピソード

    退社発表の日テレ桝太一アナに「やっぱりね」の声 隠しきれなかった博識エピソード

  3. 3
    欧州で広がる“ステルスオミクロン株”すでに日本でも…間髪入れず2月「第7波」の可能性

    欧州で広がる“ステルスオミクロン株”すでに日本でも…間髪入れず2月「第7波」の可能性

  4. 4
    和田アキ子が冠番組で大ポカ…晩節汚し石田純一の二の舞に

    和田アキ子が冠番組で大ポカ…晩節汚し石田純一の二の舞に

  5. 5
    石田純一「3億円豪邸」売却で妻・理子にパラサイト…仕事ゼロ、家庭崩壊報道も

    石田純一「3億円豪邸」売却で妻・理子にパラサイト…仕事ゼロ、家庭崩壊報道も

もっと見る

  1. 6
    日ハム清宮は「勝負の5年目」なのにコロナ感染で出遅れ必至…新庄監督はダメならバッサリ

    日ハム清宮は「勝負の5年目」なのにコロナ感染で出遅れ必至…新庄監督はダメならバッサリ

  2. 7
    秋篠宮さま側近が「悠仁さま進学先報道」に苦言の波紋…皇族もネットニュース閲覧

    秋篠宮さま側近が「悠仁さま進学先報道」に苦言の波紋…皇族もネットニュース閲覧

  3. 8
    池袋ラブホ刺殺事件 プータロー兄弟が「パパ活」殺人犯の逃走を手助けした理由

    池袋ラブホ刺殺事件 プータロー兄弟が「パパ活」殺人犯の逃走を手助けした理由

  4. 9
    “奇跡の53歳”中島史恵 本人史上「一番キワどい!」DVD発売 根強い人気のウラにプロ根性

    “奇跡の53歳”中島史恵 本人史上「一番キワどい!」DVD発売 根強い人気のウラにプロ根性

  5. 10
    (1)車両更新交渉破談! 日本企業連合はコロナ禍に“アポなし渡台”で門前払い

    (1)車両更新交渉破談! 日本企業連合はコロナ禍に“アポなし渡台”で門前払い