映画「薬の神じゃない!」が活写する中国医薬事情の暗部

公開日: 更新日:

「よくぞ中国で」と、試写会で映画関係者から驚きの声が相次いだ。

 上海で国内未承認の抗がん剤を密売したとして、社会問題になった事件を映画化した「薬の神じゃない!」。厳しい検閲を突破できるか危ぶむ声もあるなか、いざ公開となると中国国内で興収500億円の大ヒットを記録した話題作である。

 映画ファンならば、第86回アカデミー賞の主要部門で2冠に輝いた「ダラス・バイヤーズクラブ」を思い出すであろう。同作では未承認のHIV治療薬を密輸し患者に届けたカウボーイが描かれたが、「薬の神――」は慢性骨髄性白血病患者の依頼を受け、成分が同じながら安価なインドの薬の密輸密売へと、男性向け回春薬販売店の店主の男が動く。どん底人生から這い上がるための金目当てだったのが、中国で海外の医薬品を買うと税金や仲介手数料が上乗せされ、高額医療費で知られる米国の倍以上になるといった事情を知っていく。医療でも格差があり、薬を必要とする庶民の手には入らないという現実に突き動かされ……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は思考停止か…巨人崖っぷち3連敗招いた不可解采配

  2. 2

    稀勢の里は「激励」止まりも…白鵬と鶴竜が「注意」の理由

  3. 3

    “桜疑惑”突然の捜査…安倍応援団「菅首相裏切り」への疑心

  4. 4

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  5. 5

    世界にたった100台…3.5億円“幻の名車”が一瞬にしてクズに

  6. 6

    男男男男男男男男男男男男男男の大家族についに女児誕生!

  7. 7

    大阪府コロナ死の8割超は重症者にあらず 衝撃の調査結果!

  8. 8

    桑子真帆フリー転身は「嘘八百」紅白と“生涯年収”が裏付け

  9. 9

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

  10. 10

    巨人ぶざまな日本S敗退でコーチ粛清…元木&宮本“詰め腹”も

もっと見る