草彅剛が最新主演映画で見せつけた“憑依型俳優”の新境地

公開日: 更新日:

「また演技の幅を広げた」と、もっぱらの評判だ。主演映画「ミッドナイトスワン」が全国公開中の、俳優の草彅剛(46)。

 草彅はこの作品の中で、身体と心の葛藤を抱えるトランスジェンダーの凪沙を演じている。映画サイトの作品レビューでも高得点をつけて感想を書き込む人が非常に多く、<草彅剛の代表作となることは間違いない>というのが大方の意見だ。

 芸能ライターのエリザベス松本氏は「ミッドナイトスワン」について「母性、人と人との繋がり、葛藤、そして生きていく苦しみや痛みが真正面から描かれた作品。重い内容でもあるため、正直、コロナ禍のいま公開することに賛否両論はあるかもしれません」と前置きして、こう続ける。

「鑑賞中は、つらくて目をそむけたくなる気持ちに何度か襲われました。それでもスクリーンから目が離せなかったのは、やはり草彅さんが繊細かつ自然に凪沙になりきっていたから。とくにバレエの先生から誤って『お母さん』と呼びかけられるシーンで見せた、照れたようなほほ笑みが素晴らしかった。『いまこの瞬間に凪沙の中に母性が強く芽生えたのだ』とはっきりと分かる見事な演技でした」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    黒木瞳“監督”に映画界から三下り半「十二単衣…」が大コケ

  2. 2

    安倍「桜疑獄」地元・山口で大炎上 “子分”下関市長は恐々

  3. 3

    日ハム西川に逆転巨人入りの目 メジャーに意欲も障壁数々

  4. 4

    原英莉花にも“甘い蜜”が…プラチナ世代をスポイルするTV局

  5. 5

    テレ朝「七人の秘書」“闇の仕置き人”の最終決戦が見ものだ

  6. 6

    小林浩美LPGA会長 前代未聞「表彰式」ブチ切れすっぽかし

  7. 7

    伊藤健太郎ひき逃げ事件の余波…“空席”を埋める3人の俳優

  8. 8

    伊藤健太郎以外も…呪われた「とんかつDJアゲ太郎」の後味

  9. 9

    ネットで酷評…「麒麟がくる」門脇&堺“架空コンビ”の是非

  10. 10

    地域振興とは名ばかり…「地域共通クーポン」の散々な評判

もっと見る