城下尊之
著者のコラム一覧
城下尊之芸能ジャーナリスト

1956年1月23日、福岡県北九州市生まれ。立教大学法学部卒。元サンケイスポーツ記者。82年、「モーニングジャンボ 奥様8時半です」(TBS)の芸能デスクとなり、芸能リポーターに転身。現在は「情報ライブ ミヤネ屋」(読売テレビ)、「朝生ワイド す・またん」(読売テレビ)、「バイキング」(フジテレビ)に出演中。

新井浩文は示談成立で執行猶予濃厚 復帰可能も居場所なし

公開日: 更新日:

 新井浩文被告(41)の控訴審初公判が12日に開かれた。派遣型マッサージ店の女性従業員に乱暴、強制性交罪で1審は懲役5年の実刑判決を受けていた。

 初公判翌日のスポーツ各紙は扱いこそしたが、思ったより小さなものだなあと感じた。それはそれとして、1審の量刑不当で弁護側が争っての控訴審だが、この中で弁護側は新井被告と被害女性との間で民事上の和解(示談)が成立したことを明らかにした。実は、この和解こそが大変、大きな意味を持つ。

■刑務所に行くかどうかの瀬戸際

 知り合いの弁護士によると、初犯であり、被害者との和解成立となれば、「懲役3年、執行猶予5年という判決がかなりの可能性」で出てくる。刑務所に行くかどうかの瀬戸際ということだ。

 1審では、2000万円の示談金を用意して弁護士が交渉したが、和解に至らなかった。それだけ被害者の被害感情が大きかったということだが、通常なら1審の前に和解して執行猶予を狙うもの。それができずに実刑となった面もある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人・原監督が気の毒になってきた…と思ったが気のせいか

  2. 2

    チェンがロッテを自由契約に 巨虎楽“金満”3球団で争奪戦

  3. 3

    これが大手企業の平均給与ランキングだ!業界別に大調査

  4. 4

    阪神糸井が大減俸に 城島と“ポイ捨て”3選手の二の舞を危惧

  5. 5

    阪神はオフも大惨敗…補強第1弾が巨人から“おこぼれ”頂戴

  6. 6

    ネットで酷評…「麒麟がくる」門脇&堺“架空コンビ”の是非

  7. 7

    中居正広にプロデューサーの才 児童書バカ売れで実力証明

  8. 8

    原巨人はDeNAソトも取り逃がす 補強“3連敗”スタートの不吉

  9. 9

    コロワイド会長も30億円騙された 「M資金」詐欺とは何か?

  10. 10

    吉沢亮「青天を衝け」の不安要素…「鎌倉殿」でトバッチリ

もっと見る