衝撃的過ぎる!「わたしは金正男を殺していない」の迫真度

公開日: 更新日:

 米軍がアルカイダ幹部を、爆薬の代わりに回転刃を搭載した“暗殺専用ミサイル”で仕留めたり、ロシアの野党指導者が何者かに毒殺されかけたり――。世界中で暗殺関連の話題が続いているが、近年最も奇妙だったのは、2017年にマレーシアのクアラルンプール国際空港で起きた金正恩の異母兄、金正男の暗殺事件だろう。

 多数の防犯カメラがとらえた実行犯は、インドネシアとベトナム出身の若い女性2人組。白昼堂々、VXガスを顔面に塗り付ける大胆な犯行で、「日本のドッキリ番組の撮影だとだまされた」との彼女たちの言い訳も予想外だったことから世界中が困惑した。

 あれから3年半、事件と2人のその後を追ったドキュメンタリー映画「わたしは金正男(キム・ジョンナム)を殺してない」がついに公開されるが、あまりにも事件の真相に肉薄しているということで話題になっている。その衝撃的な内容について映画批評家の前田有一氏が語る。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マッチ“火遊び”の代償 25歳下との不倫に中森明菜も呆れ顔

  2. 2

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  3. 3

    元恋人マッチは不倫…ファンも案じる中森明菜の“現在地”

  4. 4

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

  5. 5

    巨人菅野の米移籍先はココで!メジャー通2人が勧める4球団

  6. 6

    ネットで酷評…「麒麟がくる」門脇&堺“架空コンビ”の是非

  7. 7

    近藤真彦は「裸の王様」不倫で絶たれた“還暦アイドル”の道

  8. 8

    ヤクルト山田“残留”の代償…エース流出不可避で来季も苦境

  9. 9

    石川に千賀…好投手が続々出てくるソフトBの若手育成術

  10. 10

    松坂大輔と斎藤佑樹が一軍登板ゼロでもクビにならない事情

もっと見る