二田一比古
著者のコラム一覧
二田一比古ジャーナリスト

福岡県出身。大学卒業後、「微笑」(祥伝社)の記者に。その後、「Emma」「週刊文春」(ともに文芸春秋)をはじめ、多くの週刊誌、スポーツ新聞で芸能分野を中心に幅広く取材、執筆を続ける。フリー転身後はコメンテーターとしても活躍。

理想の花嫁・竹下景子に交際疑惑 男がマンションに入り…

公開日: 更新日:

 清純派女優として一世を風靡した竹下景子も67歳。今はグレーヘアの似合う女優。母親役やナレーションなど地道に活動を続けている。そんな竹下をテレビで見ては昔のある出来事を思い出す。

 1970年代、竹下は女優としてだけでなく、大橋巨泉司会の「クイズダービー」の名解答ぶりで人気を博した。元祖、才媛女優として名を馳せた。高い人気を物語るように渥美清の「男はつらいよ」シリーズのマドンナ役として別々の役で3度出演した唯一の女優でもある。

 理想の花嫁の形容詞も付いた竹下を「誰が射止めるか」といった話題も出ていたが、噂レベルの話ばかりで、さしたるスキャンダルはなかった。

 情報とは芸能界の関係者ばかりがもたらすものではない。むしろ、意外な人が思いがけぬネタを提供してくれることもある。飲み仲間のひとりだった広告代理店勤務の知人から「竹下がカメラマンと付き合っているみたい」との情報があった。しかも具体的だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ガッキー演じるみくりの妊娠&髪型は? 逃げ恥SP撮影秘話

  2. 2

    マッチ“火遊び”の代償 25歳下との不倫に中森明菜も呆れ顔

  3. 3

    田原俊彦“干され過去”と決別 不倫で失墜したマッチとの差

  4. 4

    相棒の視聴率を抜いた「七人の秘書」懲らしめ系はなぜ人気

  5. 5

    マッチ引退窮地…事務所の後ろ盾・人望・居場所すべてナシ

  6. 6

    玉木宏「極主夫道」が大健闘 昭和的“ベタ”コントに安心感

  7. 7

    男男男男男男男男男男男男男男の大家族についに女児誕生!

  8. 8

    小池氏“3大”ウソ 重症者、豊洲市場、軽症者施設で失策隠蔽

  9. 9

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  10. 10

    黒木瞳の監督映画が大コケの様相…不運続きに同情的な声も

もっと見る