女子大生・宮崎美子の人生を変えた篠山紀信の“1枚の写真”

公開日:  更新日:

♪いまのキミはピカピカに光って~というCMソングが印象的なカメラのCMで注目を集め、以来、女優、タレントとして第一線を走り続けてきた宮崎美子さん(57)。明るく知的なイメージで人気だが、折に触れ、支えてくれたのが篠山紀信さん(75)だった。

  ◇  ◇  ◇

 芸能界に入ったのは篠山さんの写真がきっかけです。ある朝、新聞を開いたら「週刊朝日」の大きな広告が目に入ったんです。

「篠山紀信があなたを撮ります・キャンパスの春」って。「週刊朝日」の表紙を飾る女子大生の募集広告ですね。それに応募したんです。

 私は熊本の生まれで当時は熊本大学法文学部の3年生。篠山さんは雑誌の“激写”ってグラビアシリーズが話題になっていたので、そんなちゃんとしたカメラマンに撮ってもらえる機会なんて一生のうちでもそうはないと思って、当時のボーイフレンドが撮ってくれたスナップを送ったんです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  3. 3

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  4. 4

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  5. 5

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  6. 6

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  7. 7

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  8. 8

    巨人“台湾の大王”王柏融スルーは広島FA丸取り自信の表れ

  9. 9

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  10. 10

    野党共闘に消極的…立憲民主党の枝野戦略は奏功するのか

もっと見る