二田一比古
著者のコラム一覧
二田一比古ジャーナリスト

福岡県出身。大学卒業後、「微笑」(祥伝社)の記者に。その後、「Emma」「週刊文春」(ともに文芸春秋)をはじめ、多くの週刊誌、スポーツ新聞で芸能分野を中心に幅広く取材、執筆を続ける。フリー転身後はコメンテーターとしても活躍。

一瞬の隙をつき…竹下景子の部屋から逃走したカメラマン

公開日: 更新日:

 東京・青山にあった竹下景子の自宅マンションに前日の夜に入った広告カメラマン・関口照生氏。午前2時ごろには部屋の電気が消えるのを確認できた。後は朝、出てくるのを待つだけ。この場合、出てくるパターンは3通り。

<2人一緒>

「同棲」の判断材料になる。前日と服装が変わっていればなおさら。

<女性が先に出てくる>

 彼が彼女の部屋に残り、後に出てくれば合鍵を持っている可能性が高いことから「半同棲」となる。

<男が先に出てくる>

 女性の部屋に通う俗に言う「通い同棲」。不倫にもっとも多いパターンだ。

 同じ同棲でも微妙に形態が違うものだが、この微妙な違いが芸能人にとっては死活問題にもなりかねない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人・原監督が気の毒になってきた…と思ったが気のせいか

  2. 2

    チェンがロッテを自由契約に 巨虎楽“金満”3球団で争奪戦

  3. 3

    これが大手企業の平均給与ランキングだ!業界別に大調査

  4. 4

    阪神はオフも大惨敗…補強第1弾が巨人から“おこぼれ”頂戴

  5. 5

    阪神糸井が大減俸に 城島と“ポイ捨て”3選手の二の舞を危惧

  6. 6

    ネットで酷評…「麒麟がくる」門脇&堺“架空コンビ”の是非

  7. 7

    中居正広にプロデューサーの才 児童書バカ売れで実力証明

  8. 8

    原巨人はDeNAソトも取り逃がす 補強“3連敗”スタートの不吉

  9. 9

    コロワイド会長も30億円騙された 「M資金」詐欺とは何か?

  10. 10

    吉沢亮「青天を衝け」の不安要素…「鎌倉殿」でトバッチリ

もっと見る