嵐・松潤「アラフェス」で株急騰 ポストジャニー喜多川か

公開日: 更新日:

 今年いっぱいで活動休止する嵐が3日、休止前最後のオンラインライブ「アラフェス2020 at 国立競技場」を配信した。

■経済効果は1日で300億円

 ファンクラブ会員限定の1部と、非会員でも視聴できる2部の2部構成で、本編は国立競技場で事前収録、アーカイブなし(後日、6日から3日間限定リピート配信が決定)。前後の生配信含め、9時間の配信にファンはクギ付けで、視聴者数は海外含め100万人超えは確実。グッズ販売も含め、1日の経済効果は300億円とも報じられた。

 ステージは花火が2500発、ウオーターキャノンは高さ40メートル、250トンの水を使用。風船は5万個、さらに炎などの特殊効果にAR(拡張現実)を駆使。オーケストラとリモート演奏するなど新たな試みも多かった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マッチ“火遊び”の代償 25歳下との不倫に中森明菜も呆れ顔

  2. 2

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  3. 3

    元恋人マッチは不倫…ファンも案じる中森明菜の“現在地”

  4. 4

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

  5. 5

    巨人菅野の米移籍先はココで!メジャー通2人が勧める4球団

  6. 6

    近藤真彦は「裸の王様」不倫で絶たれた“還暦アイドル”の道

  7. 7

    ネットで酷評…「麒麟がくる」門脇&堺“架空コンビ”の是非

  8. 8

    ヤクルト山田“残留”の代償…エース流出不可避で来季も苦境

  9. 9

    鈴木京香&長谷川博己「年明け結婚」説を裏づける2つの理由

  10. 10

    石川に千賀…好投手が続々出てくるソフトBの若手育成術

もっと見る