中居正広にプロデューサーの才 児童書バカ売れで実力証明

公開日: 更新日:

 中居正広(48)が監修し、28日に発売した絵本「♪ピンポンパンポンプー」(マガジンハウス)は予約注文だけで10万部を突破。「Amazon売れ筋ランキング」の「学習(本)」「テレビ朝日・朝日放送系の本」「児童文学」で1位の快挙だが、中居のネーミングがトリッキーすぎると話題だ。

 同書は番組共演者の劇団ひとり(43)がキャラクターをデザイン、社会学者で作家の古市憲寿(35)が文を担当。カピバラの「のんちゃんとびりーくん」が魔法の合言葉「ピンポンパンポンプー」で仲直りする友情を描いた心温まる絵本で、中居はタイトルを命名。

 子ども向け番組「ピンポンパン」がヒントになっていることは想像に難くない。昭和感のある言葉を掛けあわせる直球センスが斬新すぎるというのだ。

 中居のネーミングセンスはSMAP時代からで、キスマイの派生ユニット「舞祭組」(ぶさいく)では「なかいさん」名義で楽曲をプロデュース。13年発売のファーストシングルは「棚からぼたもち」、14年のセカンドは「てぃーてぃーてぃーてれって てれてぃてぃてぃ 〜だれのケツ〜」、15年のサードは「やっちゃった!!」の3部作。デビューシングルは、キスマイでは常に後方で目立たなかった4人にスポットが当たったことを自虐的に“棚からぼたもち”と表現。セカンドシングルは、曲のタイトルを失念したときにハミングで伝える節を、そのまま題名にするというキテレツぶりは、モーニング娘。のつんくをも想起させる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  2. 2

    上白石人気は萌歌→萌音に…女優姉妹で“逆転現象”のナゼ?

  3. 3

    囁かれる「菅首相退陣」シナリオ 二階幹事長が見捨てる時

  4. 4

    無能クズっぷり全国トップの吉村知事が「評価」される怖さ

  5. 5

    菅首相「2月下旬から開始」ワクチン接種の甘すぎる目論見

  6. 6

    尾身会長「系列病院」にコロナ患者受け入れ“後ろ向き”疑惑

  7. 7

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

  8. 8

    森七菜にチラつくステージママの影 囁かれる開店休業危機

  9. 9

    リバプール南野いよいよ戦力外か…現地メディアも「近い」

  10. 10

    大谷翔平4年目の年俸は? “調停勝ち目なし”とシビアな評価

もっと見る