中居正広「CMゼロ」告白で分かった不人気ぶりと嘆き節

公開日: 更新日:

 ジャニーズ事務所を今春退所した中居正広(48)の嘆き節が話題になっている。直近では笑福亭鶴瓶(68)と司会を務める日本テレビ系「ザ!世界仰天ニュース」でこう言った。

「現状は1本もないの、オレ、CM。制作の人に言っておいてください、中居を使ってやってや! って」

 鶴瓶が「明日早いねん、CM(の仕事)で」と言ったことを受けてのコメントで、番組を盛り上げる自嘲ネタの部分もあるのだろうが、こう続けた。

「評判悪いの、業界の人はわかってるんだよ、オレの。この子たち(観覧者)がいると、評判いいように見えちゃう。オレもダマされちゃう。人気者なのかと思っちゃう」

 国民的グループとされた元SMAPのリーダーだったし、実際、人気者なのだろう。しかし、芸能界における自分のポジション、扱われ方などがジャニーズ時代と違っているとの実感がうかがえる。嘆き節はこれだけではなく、たとえば、独立後にかかる事務所経費、ジャニーズ時代は事務所が負担していた現場への差し入れも現在は自腹。その量も金額もハンパではなく、移動車もジャニーズ時代の車両に比べて2ランクダウンしているという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    田中圭の気になる進退…コロナ禍の誕生日パーティーで大炎上、ファンもドン引き

  2. 2

    菅総理は「ご飯論法」にさえなっていない 身を捨ててこそ浮かぶ瀬もあれ

  3. 3

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

  4. 4

    AKB48“未婚の初代神7”小嶋陽菜 ゴールインは大島優子の結婚報道でむしろ「遠のいた」

  5. 5

    <8>高橋尚子は五輪直前に左脚を故障、シューズに対する考えを変えた

  6. 6

    【バド】桃田賢斗に「裸の王様」と指摘する声…予選敗退は“まさか”ではなく必然だったか

  7. 7

    東京五輪に世界中から「ワースト」の不名誉…コロナ禍で強行し米NBC視聴率ボロボロ

  8. 8

    島根県の丸山知事の“一時避難帰省支援”が再注目「医療崩壊の首都圏に住む県民近親者を守る」

  9. 9

    常識で考えろ! 安倍前首相「不起訴不当」が意味するもの

  10. 10

    東京五輪に注ぎ込んだカネは3兆円超…閉会後に始まる「不明瞭な会計」への大追及

もっと見る