山Pは「稼げない」ジャニーズの“貴公子”電撃退所の舞台裏

公開日: 更新日:

「事務所幹部らの本音はいつ出ていってもらっても一向に構わない」というものと、ベテラン担当記者は言った。ジャニーズの貴公子とも呼ばれ、国内外で幅広い世代に人気を誇る山下智久(35)が同事務所からの退所を報じられた。週刊文春のスクープをジャニーズも否定せず、大騒ぎになると思いきや、ファンもマスコミも「やっぱりね」と、当然の流れとばかりに受け止めているが、どうしてなのか。

 山下といえば、今年8月に女子高生モデルと飲酒&お持ち帰りスキャンダルを起こし、活動自粛となっていたが、この自粛期間にハリウッド映画からオファーがあり、逆境を新たな挑戦でひっくり返そうと退所を言い出したというのだが……。

■「儲からない」

 冒頭の担当記者はこう続ける。

「はっきり言って、ジャニーズにとって山P(山下)は儲からない、稼げない、からです。彼はソロ歌手でチケットがさばけず、コンサートで定価割れしたこともあります。もう本人も分かっているでしょうけど、ソロコン(ソロコンサート)は無理。俳優としても、『Hulu』独占配信の海外ドラマに出演したりしているといっても、今後も出演作を探し、そして現場にマネジャーをつけてまでして売っていきたいかというと、そうでもない。労力の割にリターンがないということです。ジャニーズはヒガシ(東山紀之)に司会の仕事をつくったように、ジャンルが違ってもどの所属タレントにも実績をつくろうとする。ですが、自分でやっていくというのであれば勝手にやってというのが本音。山Pも例外ではない」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は思考停止か…巨人崖っぷち3連敗招いた不可解采配

  2. 2

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  3. 3

    稀勢の里は「激励」止まりも…白鵬と鶴竜が「注意」の理由

  4. 4

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

  5. 5

    “桜疑惑”突然の捜査…安倍応援団「菅首相裏切り」への疑心

  6. 6

    原監督が「巨人不利」でも日本S全戦DHを受け入れた胸算用

  7. 7

    小池都知事のご乱心 焦りが透けた支離滅裂のイライラ会見

  8. 8

    大阪府コロナ死の8割超は重症者にあらず 衝撃の調査結果!

  9. 9

    巨人ぶざまな日本S敗退でコーチ粛清…元木&宮本“詰め腹”も

  10. 10

    桑子真帆フリー転身は「嘘八百」紅白と“生涯年収”が裏付け

もっと見る