山Pは「稼げない」ジャニーズの“貴公子”電撃退所の舞台裏

公開日: 更新日:

「事務所幹部らの本音はいつ出ていってもらっても一向に構わない」というものと、ベテラン担当記者は言った。ジャニーズの貴公子とも呼ばれ、国内外で幅広い世代に人気を誇る山下智久(35)が同事務所からの退所を報じられた。週刊文春のスクープをジャニーズも否定せず、大騒ぎになると思いきや、ファンもマスコミも「やっぱりね」と、当然の流れとばかりに受け止めているが、どうしてなのか。

 山下といえば、今年8月に女子高生モデルと飲酒&お持ち帰りスキャンダルを起こし、活動自粛となっていたが、この自粛期間にハリウッド映画からオファーがあり、逆境を新たな挑戦でひっくり返そうと退所を言い出したというのだが……。

■「儲からない」

 冒頭の担当記者はこう続ける。

「はっきり言って、ジャニーズにとって山P(山下)は儲からない、稼げない、からです。彼はソロ歌手でチケットがさばけず、コンサートで定価割れしたこともあります。もう本人も分かっているでしょうけど、ソロコン(ソロコンサート)は無理。俳優としても、『Hulu』独占配信の海外ドラマに出演したりしているといっても、今後も出演作を探し、そして現場にマネジャーをつけてまでして売っていきたいかというと、そうでもない。労力の割にリターンがないということです。ジャニーズはヒガシ(東山紀之)に司会の仕事をつくったように、ジャンルが違ってもどの所属タレントにも実績をつくろうとする。ですが、自分でやっていくというのであれば勝手にやってというのが本音。山Pも例外ではない」

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    竹内結子さん急死 ロケ現場で訃報を聞いたキムタクの慟哭

    竹内結子さん急死 ロケ現場で訃報を聞いたキムタクの慟哭

  2. 2
    “ほぼ全裸ポスター”は制度を悪用? 過去にもあった「公序良俗ギリギリ」のきわどいポスター

    “ほぼ全裸ポスター”は制度を悪用? 過去にもあった「公序良俗ギリギリ」のきわどいポスター

  3. 3
    自民議連が目指す郵政民営化改正案の“真の狙い”…郵便料金30年ぶり値上げの先にあるもの

    自民議連が目指す郵政民営化改正案の“真の狙い”…郵便料金30年ぶり値上げの先にあるもの

  4. 4
    粗品に続き鈴木おさむも…“キムタクいじり”が止まらないのは事務所の力が弱まったから?

    粗品に続き鈴木おさむも…“キムタクいじり”が止まらないのは事務所の力が弱まったから?

  5. 5
    「男の器量」は不倫がバレた時にわかる…声優・古谷徹(70)の場合はどうか?

    「男の器量」は不倫がバレた時にわかる…声優・古谷徹(70)の場合はどうか?

  1. 6
    大谷翔平の怒りは収まらず…日テレ&フジ「自宅空撮」で“ドジャース出禁”のその後

    大谷翔平の怒りは収まらず…日テレ&フジ「自宅空撮」で“ドジャース出禁”のその後

  2. 7
    キャリアの分岐点になった移籍の選択…名門パリSG、年俸倍額提示した独クラブのオファーを蹴った

    キャリアの分岐点になった移籍の選択…名門パリSG、年俸倍額提示した独クラブのオファーを蹴った

  3. 8
    松岡茉優が三浦春馬との共演から3年で手に入れた鬼気迫る"暗い演技” 「最高の教師」大健闘

    松岡茉優が三浦春馬との共演から3年で手に入れた鬼気迫る"暗い演技” 「最高の教師」大健闘

  4. 9
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  5. 10
    鈴木京香が4億円を投じた解体寸前の歴史的建造物…あえて私邸として使わないワケ

    鈴木京香が4億円を投じた解体寸前の歴史的建造物…あえて私邸として使わないワケ