桧山珠美
著者のコラム一覧
桧山珠美コラムニスト

大阪府大阪市生まれ。出版社、編集プロダクションを経て、フリーライターに。現在はTVコラムニストとして、ラジオ・テレビを中心としたコラムを執筆。放送批評誌「GALAC」に「今月のダラクシー賞」を長期連載中。

NHK朝ドラ歴代ヒロイン演じた女優たちは今どうしている?

公開日: 更新日:

 1月にスタートした連続ドラマ「その女、ジルバ」(フジテレビ系)に注目している。

 原作は第23回手塚治虫文化賞マンガ大賞を受賞した有間しのぶの同名コミック。アパレルの販売員から“姥捨て山”の物流センターに出向、冴えない毎日を送っていたヒロイン笛吹新が偶然目にした「ホステス募集 ただし40歳以上」という張り紙に引かれ、超高齢熟女バーの扉を開け、アララという源氏名で見習いホステスになる話だ。

池脇千鶴は冴えないアラフォー役が話題

 ヒロインを演じるのは池脇千鶴。久々にテレビで見たが、冴えない40歳という役柄のせいか一瞬だれかわからないほどの老けっぷり、あれっ、和久井映見!? と一瞬見紛った(失礼!?)。

 熟女バーのママ・草笛光子を筆頭に草村礼子や中田喜子、久本雅美と熟年の個性豊かな面々で合言葉は「女は、四十から!」。先輩ホステスや常連客たちから「ピチピチ」「ギャル」と言われ、まんざらでもない様子。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまへ一時金1億5千万円「支給するな」は法律的に暴論

  2. 2

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  3. 3

    菅首相が墓穴…長男に就職時「総務省と関わるな」と釘刺し

  4. 4

    秋篠宮家を守る官僚や取り巻きの危機管理はマヒ状態

  5. 5

    身内調査は笑止千万 菅長男“ハレンチ接待”裏側と今後<上>

  6. 6

    山口俊がジャイアンツと契約も 巨人に“7月出戻り”復帰の目

  7. 7

    体調心配な菅首相に異変…“鉄壁のガースーヘア”にも綻びが

  8. 8

    菅長男の総務省接待は「贈収賄の可能性あり」元検事が指摘

  9. 9

    山口組が弱体化する一方で弘道会は強化された警察の“誤算”

  10. 10

    小室圭さん結婚強行で「税金ドロボー」の声に逆転の秘策

もっと見る