秋篠宮家を守る官僚や取り巻きの危機管理はマヒ状態

公開日: 更新日:

 秋篠宮家の眞子さま(29)と小室圭さん(29)は「婚約内定」の関係にある。そして本人同士は強く結婚を望んでいる。父親である秋篠宮さまも結婚については正式に認めた。

 となれば、小室さんはすでに皇室の“準”一員のようなもの。普通だったらメディアは皇室関係者には気配りをするものなのだが、今回ばかりはまったく遠慮なしだ。

 例の「400万円借金問題」をきっかけに、小室さん母子を追いかけ回し、私生活や過去の言動を暴き、手を替え品を替え、バッシングを続けている。そうすれば売れるからなのだろう。

 実は昭和時代も違う意味で似たことがあった。

 かつて美智子妃殿下の誕生によって、皇室に大旋風が巻き起こった。美智子妃のことを書けば雑誌が売れるというわけで、マスコミはこぞってご一家を追いかけた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    秋篠宮家の眞子さまは一時金1億5000万円では生活できない

  2. 2

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  3. 3

    秋篠宮家を守る官僚や取り巻きの危機管理はマヒ状態

  4. 4

    首都圏“宣言”解除に暗雲 都が積極的調査で陽性掘り起こし

  5. 5

    眞子さまへ一時金1億5千万円「支給するな」は法律的に暴論

  6. 6

    「重要なのは人柄」社員に説得され重い腰を上げた創業者

  7. 7

    吉本“粛清”ターゲットの大本命は加藤浩次よりキンコン西野

  8. 8

    小室圭さん結婚強行で「税金ドロボー」の声に逆転の秘策

  9. 9

    身内調査は笑止千万 菅長男“ハレンチ接待”裏側と今後<上>

  10. 10

    タモリの融通無碍な会話力の原点 九州の会社員時代に悟る

もっと見る