平野悠
著者のコラム一覧
平野悠「ロフト」創業者

1944年8月10日、東京都生まれ。71年の「烏山ロフト」を皮切りに西荻、荻窪、下北沢、新宿にロフトをオープン。95年に世界初のトークライブ「ロフトプラスワン」を創設した。6月、ピースボート世界一周航海で経験した「身も心も焦がすような恋」(平野氏)を描いた「セルロイドの海」(世界書院)を刊行。作家デビューを果たした。

竹内まりやさんは「理想の歌声」の持ち主だった

公開日: 更新日:

 月刊「東京人」(都市出版)の最新刊(3日発売)「シティ・ポップが生まれたまち 1970―80年代 TOKYO」が売れ行き好調で重版がかかったそうだ。ここ数年、70~80年代に生まれた「シティ・ポップ」が海外で人気を博している。音楽プロデューサーの牧村憲一さん(46年・渋谷区生まれ)とコラムニストの泉麻人さん(56年・新宿区生まれ)が「東京人」で対談をやっている。牧村さんは、実は新宿ロフトのオープニングセレモニー(76年10月1~10日)のブッキングに関わり、大手レコード会社ビクターと手を組んだ独自レーベル「ロフト・レーベル」のチーフプロデューサーを務めていただいた。久しぶりに新宿で会い、昔と変わらない穏やかな口調でいろいろな話を伺った――。

「(創業者の平野)悠さんと話をするようになったのは(ロフト2店舗目で73年オープンの)荻窪ロフトからです。新宿のオープニングセレモニーにはソー・バッド・レビュー、金子マリさん、センチメンタル・シティ・ロマンス、大貫妙子さん、鈴木慶一&ムーンライダース、矢野顕子さん、南佳孝さん、山崎ハコさん、遠藤賢司さん……あと吉田美奈子さんのバックバンドのギタリストとして山下達郎さんが、大貫さんのバックで坂本龍一さんが演奏していました。そうそうたるメンバーでした」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    田中圭の気になる進退…コロナ禍の誕生日パーティーで大炎上、ファンもドン引き

  2. 2

    菅総理は「ご飯論法」にさえなっていない 身を捨ててこそ浮かぶ瀬もあれ

  3. 3

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

  4. 4

    AKB48“未婚の初代神7”小嶋陽菜 ゴールインは大島優子の結婚報道でむしろ「遠のいた」

  5. 5

    <8>高橋尚子は五輪直前に左脚を故障、シューズに対する考えを変えた

  6. 6

    東京五輪に世界中から「ワースト」の不名誉…コロナ禍で強行し米NBC視聴率ボロボロ

  7. 7

    【バド】桃田賢斗に「裸の王様」と指摘する声…予選敗退は“まさか”ではなく必然だったか

  8. 8

    島根県の丸山知事の“一時避難帰省支援”が再注目「医療崩壊の首都圏に住む県民近親者を守る」

  9. 9

    常識で考えろ! 安倍前首相「不起訴不当」が意味するもの

  10. 10

    組織委・武藤事務総長またトンデモ発言!五輪コロナ感染264人を「想定内」と豪語し大炎上

もっと見る