平野悠
著者のコラム一覧
平野悠「ロフト」創業者

1944年8月10日、東京都生まれ。71年の「烏山ロフト」を皮切りに西荻、荻窪、下北沢、新宿にロフトをオープン。95年に世界初のトークライブ「ロフトプラスワン」を創設した。6月、ピースボート世界一周航海で経験した「身も心も焦がすような恋」(平野氏)を描いた「セルロイドの海」(世界書院)を刊行。作家デビューを果たした。

1974年「春二番コンサート」に豪華メンバー50組が集まった

公開日: 更新日:

 ロフト2店舗目は<ライブスポット>をやることになった。「西荻窪ロフト」。まだ<ライブハウス>という言葉が、一般的ではなかった時代である。防音上の問題からロック系は演奏不可。フォーク系の弾き語りが中心だった。オープンして1カ月後の1974年7月11日。「春二番コンサート」と銘打ち、20日まで連日ぶっ続けでライブをやった。実に画期的な10日間となった――。

  ◇  ◇  ◇

 JR西荻窪駅から歩いて5分。スーパーの一角をブロックで囲った15坪の店。隣は八百屋。前は魚屋と肉屋だった。トイレはスーパーと共同。家賃15万円。楽屋なし。何とかアップライトのピアノを押し込んだが、マイクなんてソニーの1本2000円のヤツ(しかも買ったのは5本)。ミキサーはヤマハのリバーブの付いた8チャンネルだった。裸電球に銀紙を巻いて照明代わりにした。 手作り感満載。まるでオモチャみたいなライブ空間だ。それでも「東京に生演奏ができる空間をつくってくれた」とミュージシャンたちが心の底から喜んでくれた。 

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    小室圭さんは奇特な人 皇族の結婚相手探しは想像より大変

  3. 3

    マリエ枕営業騒動にみる「根に持つ女性」の賢いあしらい方

  4. 4

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  5. 5

    出川哲朗は枕営業騒動で一番深手…“救いの手”はあるのか

  6. 6

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

  7. 7

    小室圭さんが母の元婚約者に“解決金” 支払いは誰が?

  8. 8

    小室圭さん400万円で破談寸前に 初動ミスを招いたプライド

  9. 9

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  10. 10

    小池知事の無策が招くGW明け新規感染3800人の最悪シナリオ

もっと見る