平野悠
著者のコラム一覧
平野悠「ロフト」創業者

1944年8月10日、東京都生まれ。71年の「烏山ロフト」を皮切りに西荻、荻窪、下北沢、新宿にロフトをオープン。95年に世界初のトークライブ「ロフトプラスワン」を創設した。6月、ピースボート世界一周航海で経験した「身も心も焦がすような恋」(平野氏)を描いた「セルロイドの海」(世界書院)を刊行。作家デビューを果たした。

村下孝蔵さん「このまま広島に帰るわけには」と酒をあおり

公開日: 更新日:

 2021年の1月、2月というのは、例年以上に足早に過ぎ去った気がする。1年前を思い出す。ここまで新型コロナウイルスが猛威を振るい、ここまでライブハウスが大打撃を食らうとは――。2月が終わりに近づくと(1953年)2月28日生まれのシンガー・ソングライター、村下孝蔵さんを思い出す。彼は99年6月、東京都内のスタジオでリハーサルをやっている最中に「気分が悪い」と体調不良を訴え、帰らぬ人となった。享年46。あまりにも早過ぎる死だった。

 76年に新宿ロフトをオープンさせた後、ビクターから「ロフト・レーベル」を立ち上げ、大手楽器店と手を組んで「渋谷公園通り音楽祭」という新人発掘のコンテストを始めた。79年に中野サンプラザで開催した決勝大会で優勝したのは、大沢誉志幸さんがボーカルを務めたクラウディ・スカイ。準優勝は、リーダーのうじきつよしさん率いる子供ばんどだった。

 決勝大会にゲストミュージシャンとして広島から実力派シンガーを招いた。83年の大ヒット曲「初恋」で知られる村下孝蔵さんだ。当時はまだ全国的には無名に近い存在だったが、第2期・広島フォーク村を舞台に精力的に演奏活動をこなし、この決勝大会が〈待望の東京デビュー〉だった。しかし――。

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    相続する前に親に処分しておいてほしいもの 2位は「不動産」…では1位は何だ?

    相続する前に親に処分しておいてほしいもの 2位は「不動産」…では1位は何だ?

  2. 2
    山本由伸の「右肘」をドジャースは入団前から危惧! 超大型契約の中には“伏線”も

    山本由伸の「右肘」をドジャースは入団前から危惧! 超大型契約の中には“伏線”も

  3. 3
    巨人今季3度目の同一カード3連敗…次第に強まる二岡ヘッドへの風当たり

    巨人今季3度目の同一カード3連敗…次第に強まる二岡ヘッドへの風当たり

  4. 4
    巨人阿部監督よ、バルドナードの抑えは無理がある…先発からの配置転換もひとつの手

    巨人阿部監督よ、バルドナードの抑えは無理がある…先発からの配置転換もひとつの手会員限定記事

  5. 5
    悠仁さまは一般入試を一度も受けず難関名門高に入学…皇室でも“例外”は許されないのか?

    悠仁さまは一般入試を一度も受けず難関名門高に入学…皇室でも“例外”は許されないのか?

  1. 6
    明徳義塾・馬淵史郎監督が嘆く「今時の選手気質」…気になる2泊3日“高知遠征費”も大公開!

    明徳義塾・馬淵史郎監督が嘆く「今時の選手気質」…気になる2泊3日“高知遠征費”も大公開!

  2. 7
    阿部巨人が仕掛ける緊急トレード…有力候補はくすぶる「元本塁打王」「元最優秀中継ぎ投手」ら

    阿部巨人が仕掛ける緊急トレード…有力候補はくすぶる「元本塁打王」「元最優秀中継ぎ投手」ら

  3. 8
    「古畑任三郎」「暴れん坊将軍」「赤いシリーズ」…つまらない連ドラより名作再放送のススメ

    「古畑任三郎」「暴れん坊将軍」「赤いシリーズ」…つまらない連ドラより名作再放送のススメ

  4. 9
    ほんまダサいで維新…野党第1党獲得「正直難しい」と白旗、大阪万博も政治改革もグダグダ

    ほんまダサいで維新…野党第1党獲得「正直難しい」と白旗、大阪万博も政治改革もグダグダ

  5. 10
    植田日銀が「利上げ」めぐり板挟み腰砕け…余計なサプライズで円安加速

    植田日銀が「利上げ」めぐり板挟み腰砕け…余計なサプライズで円安加速