平野悠
著者のコラム一覧
平野悠「ロフト」創業者

1944年8月10日、東京都生まれ。71年の「烏山ロフト」を皮切りに西荻、荻窪、下北沢、新宿にロフトをオープン。95年に世界初のトークライブ「ロフトプラスワン」を創設した。6月、ピースボート世界一周航海で経験した「身も心も焦がすような恋」(平野氏)を描いた「セルロイドの海」(世界書院)を刊行。作家デビューを果たした。

村下孝蔵さん「このまま広島に帰るわけには」と酒をあおり

公開日: 更新日:

 2021年の1月、2月というのは、例年以上に足早に過ぎ去った気がする。1年前を思い出す。ここまで新型コロナウイルスが猛威を振るい、ここまでライブハウスが大打撃を食らうとは――。2月が終わりに近づくと(1953年)2月28日生まれのシンガー・ソングライター、村下孝蔵さんを思い出す。彼は99年6月、東京都内のスタジオでリハーサルをやっている最中に「気分が悪い」と体調不良を訴え、帰らぬ人となった。享年46。あまりにも早過ぎる死だった。

 76年に新宿ロフトをオープンさせた後、ビクターから「ロフト・レーベル」を立ち上げ、大手楽器店と手を組んで「渋谷公園通り音楽祭」という新人発掘のコンテストを始めた。79年に中野サンプラザで開催した決勝大会で優勝したのは、大沢誉志幸さんがボーカルを務めたクラウディ・スカイ。準優勝は、リーダーのうじきつよしさん率いる子供ばんどだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ覚悟の“枕営業”告発…旧態依然の芸能界に風穴なるか

  2. 2

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  3. 3

    元ギャングに顔面の入れ墨…「消さずに生きていく」の真意

  4. 4

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  5. 5

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  6. 6

    松山マスターズVの裏側 コーチとギア担当者が新加入し支援

  7. 7

    五輪ありきの重点措置“乱発”の姑息…関西5府県は壊滅状態

  8. 8

    プロに任せるは“カモネギ”状態 買ってはいけない投資商品

  9. 9

    松山英樹Vの“神風”生かせず…「ラヴィット!」に失望の声

  10. 10

    羽鳥慎一高笑い?川島明「ラヴィット」はクセがなさすぎる

もっと見る