平野悠
著者のコラム一覧
平野悠「ロフト」創業者

1944年8月10日、東京都生まれ。71年の「烏山ロフト」を皮切りに西荻、荻窪、下北沢、新宿にロフトをオープン。95年に世界初のトークライブ「ロフトプラスワン」を創設した。6月、ピースボート世界一周航海で経験した「身も心も焦がすような恋」(平野氏)を描いた「セルロイドの海」(世界書院)を刊行。作家デビューを果たした。

竹内まりやさんは「理想の歌声」の持ち主だった

公開日: 更新日:

女性ボーカルが1人足りなかった

「ロフト・レーベル企画第3弾が『ロフト・セッションズ』(78年4月発売)です。新人女性ボーカル(上村かおる、大高静子、高橋昌子、吉田佳子、堤瑤子)とロフトゆかりの凄腕ミュージシャンがバックを務めたセッションを収録したものですが、アルバムの構成上、女性ボーカルが1人足りませんでした。R&Bやソウル系のボーカルは揃ったのですが、ウエストコースト系を歌えるシンガーが見つからなかったのです」

「当時ビクターでピンク・レディーの宣伝を担当していた川原伸司さんに相談したら、一本のカセットテープを届けてくれました。学園祭のライブ音源は聴きとりにくいものでしたが、バックのワンコーラスを聴いただけで『ここにいたのか!』と驚きました。ずっと探し求めていた<理想の歌声>でした。それが、慶応大の竹内まりやさん(写真は78年12月撮影)だったのです」

「細野晴臣さん、大瀧詠一さん、鈴木茂さん、山下さん、大貫さんといったロフトに出演していた若くて力のあるミュージシャンたちも、評価や人気がついてこない状態でした。この素晴らしいミュージシャンたちを世に紹介したい、音楽シーンの活性化を図りたいという思いが強くありました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    創価学会を除名された野原善正氏が明かす 長く閉ざされてきた選挙運動の壮絶実態

    創価学会を除名された野原善正氏が明かす 長く閉ざされてきた選挙運動の壮絶実態

  2. 2
    安倍前首相が過剰なまでに“高市氏肩入れ”…本当の狙いは自身の再々登板か

    安倍前首相が過剰なまでに“高市氏肩入れ”…本当の狙いは自身の再々登板か

  3. 3
    論文指導をラブホで…美術評論界トップの上智大教授が肉体関係をもった教え子から訴えられていた

    論文指導をラブホで…美術評論界トップの上智大教授が肉体関係をもった教え子から訴えられていた

  4. 4
    森喜郎氏がラジオ出演で河野太郎氏“包囲網” チラつく09年自民党総裁選「腐ったリンゴ」の遺恨

    森喜郎氏がラジオ出演で河野太郎氏“包囲網” チラつく09年自民党総裁選「腐ったリンゴ」の遺恨

  5. 5
    鈴木杏樹「4000円ラブホ不倫」から1年半… 五十路のセクシー路線で本格再始動

    鈴木杏樹「4000円ラブホ不倫」から1年半… 五十路のセクシー路線で本格再始動

もっと見る

  1. 6
    高市早苗氏だけ「右翼の強硬派」と悪目立ち 海外メディアは新首相候補に期待ゼロ

    高市早苗氏だけ「右翼の強硬派」と悪目立ち 海外メディアは新首相候補に期待ゼロ

  2. 7
    渡部建はキスなし即ベッド“超自己中SEX” 元カノ女優が激白

    渡部建はキスなし即ベッド“超自己中SEX” 元カノ女優が激白

  3. 8
    エンゼルス大谷は残り試合で「本塁打王」狙い専念がベター このままでは“あぶはち取らず”に

    エンゼルス大谷は残り試合で「本塁打王」狙い専念がベター このままでは“あぶはち取らず”に

  4. 9
    比嘉愛未「推しの王子様」視聴率4%台でも“沈没”しないジンクス

    比嘉愛未「推しの王子様」視聴率4%台でも“沈没”しないジンクス

  5. 10
    阪神・矢野監督続投も…フロントが唯一気を揉む巨人との“ピリピリ6番勝負”

    阪神・矢野監督続投も…フロントが唯一気を揉む巨人との“ピリピリ6番勝負”