八代亜紀は「妻とは両立できない」熟年離婚と仕事第一主義

公開日: 更新日:

 このほど古希での熟年離婚が明らかになった八代亜紀(70)。八代はスポーツ紙の取材に「特段に何かがあったわけではありませんが、話し合いの結果、長年のパートナーシップを解消して別々の道を歩んでいくという結論に至りました」とコメント、66歳の前夫は同じ事務所からデビューした歌手の後輩で、個人事務所社長となり27年にわたって八代を支えてきた。離婚とともに社長職も退いたが、今後も八代のサポートを続けていくという。

 いわゆる世間でいうところの熟年離婚、卒婚ともいえるのかもしれないが、芸能関係者からはこんな見方が。

「もともと八代さんは『八代亜紀と妻は両立できない』というスタンスで、仕事、ステージ第一主義。家事もスタッフやお手伝いに任せ、家での時間も大好きな通販を楽しんだりしていた。たまの休みも、ひとり別荘にこもって絵を描くことに集中していた。以前から、夫婦でとか、妻として、という意識はなかったに等しいはず。また、コロナ禍で公演の本数が激減するなどして、生活に不安を抱える歌手が少なくない中、八代さんはSNSでの情報発信など前向きで、デビュー50周年の今年も歌番組などにお呼びがかかる珍しい存在。生活も資産も仕事もひとりで十分やっていけるからこそ、特段なにが変わったわけじゃないと言えるのでしょうね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    田中圭の気になる進退…コロナ禍の誕生日パーティーで大炎上、ファンもドン引き

  2. 2

    菅総理は「ご飯論法」にさえなっていない 身を捨ててこそ浮かぶ瀬もあれ

  3. 3

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

  4. 4

    AKB48“未婚の初代神7”小嶋陽菜 ゴールインは大島優子の結婚報道でむしろ「遠のいた」

  5. 5

    <8>高橋尚子は五輪直前に左脚を故障、シューズに対する考えを変えた

  6. 6

    【バド】桃田賢斗に「裸の王様」と指摘する声…予選敗退は“まさか”ではなく必然だったか

  7. 7

    東京五輪に世界中から「ワースト」の不名誉…コロナ禍で強行し米NBC視聴率ボロボロ

  8. 8

    島根県の丸山知事の“一時避難帰省支援”が再注目「医療崩壊の首都圏に住む県民近親者を守る」

  9. 9

    常識で考えろ! 安倍前首相「不起訴不当」が意味するもの

  10. 10

    組織委・武藤事務総長またトンデモ発言!五輪コロナ感染264人を「想定内」と豪語し大炎上

もっと見る