みのもんた“後妻業の女”に手切れ金1.5億円 終活との関係は

公開日: 更新日:

 みのもんた(76)が40歳年下の恋人に東京・港区にある1億5000万円のマンションを贈与したと発売中の「週刊文春」が報じて話題だ。

■1億5000万円のマンションを贈与

 相手は元銀座の高級クラブのホステス(35)で、7年前からの交際だという。

 きっかけは彼女が勤めるクラブにみのが来店、数日後に彼女が「お昼ご飯にお弁当を作ったので、よければ食べていただけませんか」と連絡し、「胃袋を掴まれた」のだという。彼女は介護の学校の学費稼ぎのためにホステスに。糖尿病を患うみのの体調を気遣った弁当に、介護のプロならではの行き届いた気遣い、しかも27、28歳の美人とあらば、妻に先立たれた独り身の70男がコロリといくのは至極当然だろう。そんな“弁当交際”から4年後、彼女はホステスを辞め、介護士のパート仕事と、みのの面倒を見る生活にシフト。みのはくだんのマンションに彼女を住まわせ、通っていたという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  2. 2

    上白石人気は萌歌→萌音に…女優姉妹で“逆転現象”のナゼ?

  3. 3

    囁かれる「菅首相退陣」シナリオ 二階幹事長が見捨てる時

  4. 4

    無能クズっぷり全国トップの吉村知事が「評価」される怖さ

  5. 5

    菅首相「2月下旬から開始」ワクチン接種の甘すぎる目論見

  6. 6

    尾身会長「系列病院」にコロナ患者受け入れ“後ろ向き”疑惑

  7. 7

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

  8. 8

    森七菜にチラつくステージママの影 囁かれる開店休業危機

  9. 9

    リバプール南野いよいよ戦力外か…現地メディアも「近い」

  10. 10

    大谷翔平4年目の年俸は? “調停勝ち目なし”とシビアな評価

もっと見る