日テレ「スッキリ」加藤浩次の後任にヒロミ説…“チグハグな火曜日”のやり取りは見もの

公開日: 更新日:

「スッキリ」(日テレ系)のMCを務める加藤浩次(53)に強力なライバルが出現だ。いまや谷原章介(49)が司会を務める後発の「めざまし8」(フジ系)に追いまくられ、存在価値が急降下してしまった。この危機的状況を受け日テレ上層部は今年10月もしくは来年4月改編時に「スッキリ」の大幅リニューアルに着手するともっぱらだというのだ。

「リニューアルといっても実際は打ち切りです。スタッフや出演者全てを一新することも視野に入れているようだ。当然、MCの加藤も残ることはできない。更迭&リストラが囁かれています」(日テレ関係者)

 そんな加藤を脅かす存在として名前が挙がっているのが、この4月から同番組の火曜コメンテーターを務めているヒロミ(57)だという。

「大ブレークの後、一回テレビ界から姿を消しながらも完全復活を遂げた。あの不屈の精神力と安定したトーク力、さらにバランス感覚は卓越している。自分にどんな役割が求められているのか、視聴者が何を望んでいるのかが手に取るように分かるそうです」(放送作家)

日テレでの貢献度が高いヒロミ

 ちなみに現在、ヒロミのレギュラー&準レギュラー番組は「ヒロミ・指原の“恋のお世話始めました”」(テレ朝系)、「ヒューマングルメンタリー オモウマい店」(中京テレビ、日テレ系)、「東大王」(TBS系)、「ワイドナショー」(フジ系)など計7本。

「すでにヒロミは『オモウマい店』で高視聴率を連発し、ほかにも日テレの肝となるバラエティー番組に多数出演し貢献しています。ヒロミが朝の帯番組を担当するのにふさわしい人物か見極めている」(キー局編成関係者)

 そんなヒロミを苦々しい思いで見つめているのが現MCの加藤だという。

「もちろん加藤もヒロミのことは200%意識している。日テレのスタッフは、もちろん何も話していませんが間違いなく自分の後釜候補だと推測しています。当然、嫉妬心というかライバル心が芽生えてくるわけです。火曜日はそうした意味で緊張感がある。加藤とヒロミのやりとりは何となくチグハグしている」(事情通)

 実は日テレは加藤とヒロミの関係がピリピリすることは織り込み済みだったという声もある。

「とにかく切磋琢磨させ加藤がやる気を出して『スッキリ』の視聴率がV字回復したら継続も視野に入ってくる。逆にヒロミが存在感をどんどん発揮して『スッキリ』の火曜日に関してはヒロミがメインを張るようになれば合格というわけです」(前出のキー局編成関係者)

 ヒロミがMCに昇格するのかどうかはまだわからないが、加藤の首筋が寒いことだけはたしかである。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    大谷翔平が2年連続「球宴先発投手」に急浮上! 投票選出エース級が続々登板回避の可能性

    大谷翔平が2年連続「球宴先発投手」に急浮上! 投票選出エース級が続々登板回避の可能性

  2. 2
    “愛妻家”菅田将暉「5カ月俳優休業」の真相は…妻・小松菜奈との新婚生活満喫のため?

    “愛妻家”菅田将暉「5カ月俳優休業」の真相は…妻・小松菜奈との新婚生活満喫のため?

  3. 3
    KDDI通信障害「補償額」どれだけ巨額に? 一般利用者には400円分のポイント付与か

    KDDI通信障害「補償額」どれだけ巨額に? 一般利用者には400円分のポイント付与か

  4. 4
    生稲晃子氏に今度は“パクリ疑惑”が! 候補者アンケートの回答が朝日健太郎氏と丸かぶり

    生稲晃子氏に今度は“パクリ疑惑”が! 候補者アンケートの回答が朝日健太郎氏と丸かぶり

  5. 5
    「名門女子大」人気凋落のナゼ…新5000円札の“顔”津田梅子もビックリ?

    「名門女子大」人気凋落のナゼ…新5000円札の“顔”津田梅子もビックリ?

  1. 6
    飯島直子の“54歳の現在”に…「全然劣化してなくて感動した」とネットが大騒ぎ

    飯島直子の“54歳の現在”に…「全然劣化してなくて感動した」とネットが大騒ぎ

  2. 7
    間違いだらけのエアコン節電…微風or自動どっちがエコ? 除湿と冷房で除湿量が多いのは?

    間違いだらけのエアコン節電…微風or自動どっちがエコ? 除湿と冷房で除湿量が多いのは?

  3. 8
    常識が通じないモンスター住民も「大家さん」と聞いて“青菜に塩”状態に

    常識が通じないモンスター住民も「大家さん」と聞いて“青菜に塩”状態に

  4. 9
    女優・沢田雅美さん「渡鬼」降板報道の真相で「本が一冊書けてしまうかな(笑)」

    女優・沢田雅美さん「渡鬼」降板報道の真相で「本が一冊書けてしまうかな(笑)」

  5. 10
    生稲晃子氏が「同性婚反対」で再び炎上…「自分らしく生きられる国へ」の主張に矛盾

    生稲晃子氏が「同性婚反対」で再び炎上…「自分らしく生きられる国へ」の主張に矛盾