華原朋美が今度は2歳の息子の写真投稿で…“炎上のデパート”状態でも人気が衰えないワケ

公開日: 更新日:

 華原朋美(47)として1995年に歌手デビューしてから、もう27年。次から次へと話題が尽きない人だ。

 ご存じの通り、小室哲哉氏(63)がプロデュースした3枚目のシングル「I'm proud」が96年に大ヒットしたことで、一躍人気者になったものの、99年に小室氏と破局を報じられて以降、一時は芸能界の一線から身を引いていたことも。

「いろいろと“奇行”も報じられ、もう復帰は無理かと見る人が大半だったのに、あそこで終わらなかったのはやはり華原さんの努力と天性の歌声、そして周囲のサポートがあったからこそ。ただ、最近はちょっと“お騒がせ”がすぎるという印象があるのは否めませんね」(在京キー局関係者)

 ここ数年の華原の話題といえば、2019年8月、外資系企業勤務の一般男性との間に男児をもうけ、45歳でシングルマザーに。昨年8月には華原のマネジメントを手がける事務所代表の大野友洋氏と結婚。今年に入ってからはダイエットを宣言し、わずか4カ月で25キロ減量を達成……と思いきや、つい最近は、大野氏の離婚歴やDV疑惑なんてスキャンダルが報じられたばかり。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    小栗旬が米国に再移住を決めた裏に…“大好きな先輩”西島秀俊の些細なひと言

    小栗旬が米国に再移住を決めた裏に…“大好きな先輩”西島秀俊の些細なひと言

  2. 2
    プロ注目左腕の京都国際・森下瑠大 初戦3回4失点KOにニンマリの球団

    プロ注目左腕の京都国際・森下瑠大 初戦3回4失点KOにニンマリの球団

  3. 3
    巨人球団ワースト記録更新の8本目“満塁本塁打病”…ベンチで真っ青なコーチ2人の名前

    巨人球団ワースト記録更新の8本目“満塁本塁打病”…ベンチで真っ青なコーチ2人の名前

  4. 4
    有田芳生氏「統一教会は毎月1億円の『対策費』で『政治の力』に頼った」

    有田芳生氏「統一教会は毎月1億円の『対策費』で『政治の力』に頼った」

  5. 5
    小栗旬が竹内涼真に御立腹…「小栗会」のパシリにご指名か

    小栗旬が竹内涼真に御立腹…「小栗会」のパシリにご指名か

  1. 6
    六平直政さん「オレの髪がフサフサだった頃、唐十郎さんと長男・義丹と伊豆で撮った1枚は…」

    六平直政さん「オレの髪がフサフサだった頃、唐十郎さんと長男・義丹と伊豆で撮った1枚は…」

  2. 7
    山田優は第4子出産でも辻希美「ママタレ女王」の座は奪えない…アンチの存在がネックに

    山田優は第4子出産でも辻希美「ママタレ女王」の座は奪えない…アンチの存在がネックに

  3. 8
    旧統一教会と対峙する弁護士・ジャーナリストが受けた嫌がらせ…無言電話や尾行だけじゃない

    旧統一教会と対峙する弁護士・ジャーナリストが受けた嫌がらせ…無言電話や尾行だけじゃない

  4. 9
    猛暑もぶっ飛ぶ人気の「ホラー映画」ベスト3…堂々トップは邦画の金字塔だった!

    猛暑もぶっ飛ぶ人気の「ホラー映画」ベスト3…堂々トップは邦画の金字塔だった!

  5. 10
    旧統一教会は大打撃…「安倍元首相銃撃事件」以降に被害相談爆増し“正体隠し”通用せず

    旧統一教会は大打撃…「安倍元首相銃撃事件」以降に被害相談爆増し“正体隠し”通用せず