石田純一は豪邸売却で数千万円の利益! 仲間由紀恵、石田ゆり子…芸能界「不動産王」は?

公開日: 更新日:

 不動産バブルが止まらない。都心のマンション価格は、2013年あたりから上昇を続け、この10年で約1.7倍になった。そこで最近、注目されているのが芸能人の「不動産錬金術」だ。先日、仲間由紀恵(42)が沖縄の軍用地売却で収益をあげていたことを「週刊新潮」が報じたが、発売中の「アサヒ芸能」によれば、仲間が1億円程度で購入した新都心の高層マンションは現在1億5000万円以上にハネ上がっているという。

 同誌は石田ゆり子(52)や鈴木京香(54)の不動産投資も取り上げている。

 もっとも、この10年間で都心のマンション価格全体が7割近く上昇しているわけだから、“含み益”が出ているのは仲間らだけではない。

 例えば、08年に建設された8棟からなる渋谷区の大規模レジデンスがある。芸能人が多く住んでいることで知られているこちらのレジデンスは、新築当時に平均価格9500万円で販売が開始されたが、10年後の18年には1億3000万円で売り出されていた。それが現在では2億円を超えるともいわれる。つまり、ここの住民は、住み続けているだけで1億円近くの含み益を出したことになる。

「といっても、それはあくまで投資用マンションとして購入して売却で利益を確定させた場合の話です。買い替えとなると、仮に2億円の現金が手に入っても、それまでと同等のマンションに住み替えることは簡単ではありません。そのマンションだけではなく、東京全体のマンション相場が上がっているわけですから」(不動産会社社員)

石田純一は3億円豪邸から賃貸へ転居

 一方で、きっちりと“利益確定”させた芸能人もいる。石田純一(68)は12年に3億円ともいわれる豪邸を建設し、それを昨年末に知人に3億円台後半で売却したという。

「数千万円の利益が出たことになりますが、その後、石田ファミリーは都心から少し離れた閑静な賃貸物件に転居しました。お嬢さんの学校の近隣に引っ越すのがその目的だと石田さんは語っていますが、そういうタイミングで自宅を売却し、いったん、賃貸で相場が落ち着くまで様子を見るという選択をしたのでしょう。とても賢明な選択だと思います」(芸能ライター・弘世一紀氏)

 確かに、芸能人の「不動産錬金術」には興味をひかれるが、そのほとんどは“含み益”の話。きっちりと利益確定させた石田の取引例が最も参考になりそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    大谷翔平が2年連続「球宴先発投手」に急浮上! 投票選出エース級が続々登板回避の可能性

    大谷翔平が2年連続「球宴先発投手」に急浮上! 投票選出エース級が続々登板回避の可能性

  2. 2
    “愛妻家”菅田将暉「5カ月俳優休業」の真相は…妻・小松菜奈との新婚生活満喫のため?

    “愛妻家”菅田将暉「5カ月俳優休業」の真相は…妻・小松菜奈との新婚生活満喫のため?

  3. 3
    KDDI通信障害「補償額」どれだけ巨額に? 一般利用者には400円分のポイント付与か

    KDDI通信障害「補償額」どれだけ巨額に? 一般利用者には400円分のポイント付与か

  4. 4
    生稲晃子氏に今度は“パクリ疑惑”が! 候補者アンケートの回答が朝日健太郎氏と丸かぶり

    生稲晃子氏に今度は“パクリ疑惑”が! 候補者アンケートの回答が朝日健太郎氏と丸かぶり

  5. 5
    「名門女子大」人気凋落のナゼ…新5000円札の“顔”津田梅子もビックリ?

    「名門女子大」人気凋落のナゼ…新5000円札の“顔”津田梅子もビックリ?

  1. 6
    飯島直子の“54歳の現在”に…「全然劣化してなくて感動した」とネットが大騒ぎ

    飯島直子の“54歳の現在”に…「全然劣化してなくて感動した」とネットが大騒ぎ

  2. 7
    間違いだらけのエアコン節電…微風or自動どっちがエコ? 除湿と冷房で除湿量が多いのは?

    間違いだらけのエアコン節電…微風or自動どっちがエコ? 除湿と冷房で除湿量が多いのは?

  3. 8
    常識が通じないモンスター住民も「大家さん」と聞いて“青菜に塩”状態に

    常識が通じないモンスター住民も「大家さん」と聞いて“青菜に塩”状態に

  4. 9
    女優・沢田雅美さん「渡鬼」降板報道の真相で「本が一冊書けてしまうかな(笑)」

    女優・沢田雅美さん「渡鬼」降板報道の真相で「本が一冊書けてしまうかな(笑)」

  5. 10
    生稲晃子氏が「同性婚反対」で再び炎上…「自分らしく生きられる国へ」の主張に矛盾

    生稲晃子氏が「同性婚反対」で再び炎上…「自分らしく生きられる国へ」の主張に矛盾