黒柳徹子のタワマン購入は“おひとりさま終活”か…後見人候補「ビーズ王子」も同フロアに

公開日: 更新日:

 黒柳徹子(88)が30年住んだ家を転居し“終活”を進めていると発売中の「女性セブン」が報じている。

 黒柳は都内で複数不動産を所有し、芸能界では故・樹木希林さんと並ぶ“不動産好き”。そんな黒柳も06年に同居していた母・朝さんが亡くなったのと前後して04年に中央区のマンション1戸、17年に港区のマンション2戸を売却。さらに自宅として“アーケード商店街の周辺に閑静な住宅街が広がる、若いファミリー層に人気のエリア”のタワマンの高層階を購入。

 しかも同じフロアには、“黒柳の後見人”と目される人物も住んでいるというのだ。

後見人は「ビーズ王子」か

 後見人らしき人物とは、ビーズ王子こと、ビーズ刺繍デザイナーの田川啓二氏(62)とそのパートナーの男性A氏。田川氏はカンヌ映画祭で女優が着用するオートクチュールビーズのドレスなどを手がけるカリスマ。02年に「徹子の部屋」に出演したのを機に親交を深め、16年には田川氏が黒柳の事務所の代表に就任。

 18年には代表をA氏に譲り、田川氏は黒柳徹子記念財団の代表理事に就任。そして今回、黒柳は住み慣れた都心を離れ、田川氏らが長年住むエリアに引っ越したという。住宅ジャーナリストの榊淳司氏がこう言う。

「芸能人は出入りを見られたくないので、エレベーターで一般人と顔を合わせるタワマンは大物になるほど選びません。あの黒柳さんが商店街を歩くとも思えませんし、2人への信頼は相当でしょう。アーケードの商店街、若いファミリー層といったキーワードからは月島や武蔵小山あたりが該当しますが、みな換金性が高く、亡くなった場合にも処分しやすい。終活においてスマートな選択とも言えます」

“おひとりさま”黒柳のついのすみかはタワマンのようだ。 

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    大谷翔平は要警戒…ダルも不信感抱くア・リーグ東地区の“インチキ”に気をつけろ

    大谷翔平は要警戒…ダルも不信感抱くア・リーグ東地区の“インチキ”に気をつけろ

  2. 2
    ジャニー喜多川氏の性加害を暴いた“禁断の書”の中身…超人気アイドルが「ジャニーさんが、ジャニーさんが…」

    ジャニー喜多川氏の性加害を暴いた“禁断の書”の中身…超人気アイドルが「ジャニーさんが、ジャニーさんが…」

  3. 3
    シャイなたけしが世界に再婚妻披露のワケ…事務所独立、糟糠の妻との離婚で起こった変化

    シャイなたけしが世界に再婚妻披露のワケ…事務所独立、糟糠の妻との離婚で起こった変化

  4. 4
    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

  5. 5
    泉ピン子全国行脚の朗読劇で“最後のお願い”も…石井ふく子氏から見放されTV出演は細る一方

    泉ピン子全国行脚の朗読劇で“最後のお願い”も…石井ふく子氏から見放されTV出演は細る一方

  1. 6
    櫻井翔またまたジャニーズ性加害問題“ゼロ回答”…キャスター失格に加え問われるCM出演の是非

    櫻井翔またまたジャニーズ性加害問題“ゼロ回答”…キャスター失格に加え問われるCM出演の是非

  2. 7
    岡田監督の「目配り気配り心配り」に感激!阪神の裏方たちを泣かせた“札幌の夜”秘話

    岡田監督の「目配り気配り心配り」に感激!阪神の裏方たちを泣かせた“札幌の夜”秘話

  3. 8
    橋田壽賀子さん追悼ドラマに泉ピン子を外し…坂本冬美を重用した石井ふく子さんのただならぬ思い

    橋田壽賀子さん追悼ドラマに泉ピン子を外し…坂本冬美を重用した石井ふく子さんのただならぬ思い

  4. 9
    米国で最も人気のある犬 31年首位「ラブラドルレトリバー」2位転落、王座を奪ったのは

    米国で最も人気のある犬 31年首位「ラブラドルレトリバー」2位転落、王座を奪ったのは

  5. 10
    泉ピン子「毒舌」の原点とは…えなりくんを「ガキ」呼ばわり、渡鬼ファンも仰天の内幕を暴露!

    泉ピン子「毒舌」の原点とは…えなりくんを「ガキ」呼ばわり、渡鬼ファンも仰天の内幕を暴露!