松本人志は“ダンマリ引退”か…吉本興業トーンダウン「ジャニーズと同じ構造」疑われる恐れ

公開日: 更新日:

 ダウンタウン松本人志(60)の性加害疑惑で、所属の吉本興業の声明をめぐってさまざまな臆測が流れている。当初、週刊文春が疑惑を報じた際、「当該事実は一切ない」と全面否定していたのが、このほどトーンダウン。

「当初の『当該事実は一切なく』との会社コメントが世間の誤解を招き、何を指しているのか不明確で混乱を招いたように思う」などとし、声明を訂正し反省のような見解を公式サイトにあげたのだ。

 松本は疑惑を報じた週刊文春の発行元、文藝春秋に対し、名誉毀損による損害賠償と謝罪広告の掲載などを求めて東京地裁に提訴。5億5000万円の損害賠償を請求した。そうした松本の対決姿勢と歩を合わせていた吉本だったが、今では「真摯に対応すべき問題」とし、事実関係の確認と検証を進めているというのである。

 疑惑が報じられた当初、松本は自身のSNSで「事実無根なので闘いまーす。」と投稿したが、その文言をうのみにし、疑惑を調査することもなくそれに追随していたとの見方が相次いでいるが、どうなのか。

「吉本は岡本昭彦社長からして元ダウンタウンのマネジャーです。松本に何かただしたり、意見できるスタッフはどこにもいないのではないでしょうか。今回は社内のヒエラルキーのトップに君臨する松本が『事実無根』としたのですからひれ伏すしかない。事実確認も後回しながら、最優先すべき被害を訴える女性たちの苦しみなど後回しだったのでは」と、吉本に出入りする芸能関係者は言った。

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    花巻東時代は食トレに苦戦、残した弁当を放置してカビだらけにしたことも

    花巻東時代は食トレに苦戦、残した弁当を放置してカビだらけにしたことも

  2. 2
    「ダルよりすごい」ムキムキボディーに球団職員が仰天!プロ3、4年目で中田翔より打球を飛ばした

    「ダルよりすごい」ムキムキボディーに球団職員が仰天!プロ3、4年目で中田翔より打球を飛ばした

  3. 3
    裏金自民に大逆風! 衆院3補選の「天王山」島根1区で岸田首相の“サクラ”動員演説は大失敗

    裏金自民に大逆風! 衆院3補選の「天王山」島根1区で岸田首相の“サクラ”動員演説は大失敗

  4. 4
    22年は尻回りが推定1.5倍に増大、投げても打ってもMLBトップクラスの数値を量産した

    22年は尻回りが推定1.5倍に増大、投げても打ってもMLBトップクラスの数値を量産した

  5. 5
    若林志穂が語った昭和芸能界の暗部…大物ミュージシャン以外からの性被害も続々告白の衝撃

    若林志穂が語った昭和芸能界の暗部…大物ミュージシャン以外からの性被害も続々告白の衝撃

  1. 6
    橋下徹氏&吉村知事もう破れかぶれ?万博の赤字に初言及「大阪市・府で負担」の言いたい放題

    橋下徹氏&吉村知事もう破れかぶれ?万博の赤字に初言及「大阪市・府で負担」の言いたい放題

  2. 7
    WBCの試合後でも大谷が227キロのバーベルを軽々と持ち上げる姿にヌートバーは舌を巻いた

    WBCの試合後でも大谷が227キロのバーベルを軽々と持ち上げる姿にヌートバーは舌を巻いた

  3. 8
    大谷の2023年は「打って投げて休みなし」…体が悲鳴を上げ、右肘靭帯がパンクした

    大谷の2023年は「打って投げて休みなし」…体が悲鳴を上げ、右肘靭帯がパンクした

  4. 9
    「横浜愛」貫いた筒香嘉智 巨人決定的報道後に「ベイスターズに戻ることに決めました」と報告された

    「横浜愛」貫いた筒香嘉智 巨人決定的報道後に「ベイスターズに戻ることに決めました」と報告された

  5. 10
    河野太郎大臣「私は関わっておりません」 コロナワクチン集団訴訟で責任問う声にXで回答…賛否飛び交う

    河野太郎大臣「私は関わっておりません」 コロナワクチン集団訴訟で責任問う声にXで回答…賛否飛び交う