日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

元愛人がリベンジポルノか 桂文枝“全裸画像流出”の大ショック

「中堅芸人が冗談で“椅子から滑り落ちる練習してますねん”というのが最近の楽屋のはやりですが、もうシャレになりません」(お笑い関係者)

 巨乳演歌歌手、紫艶(38)との20年不倫が発覚した桂文枝(72)に更なるショッキングな出来事が襲いかかっている。

 紫艶が本名の「中江ひろ子」で開設したフェイスブック上に、全裸の文枝がソファにカメラ目線で腰掛けている写真がアップされたからだ。しかも、写真には文枝が司会の長寿番組「新婚さんいらっしゃい!」のロゴ入りクッションが写り込んでおり、背後にはシーツが乱れたベッドが……。もちろん、撮影者は紫艶で、場所は大阪市北区にあった文枝の2LDKのマンション。かつての2人の愛の巣だという。

 写真は15年以上前に撮影されたもので、紫艶はけさのスポニチの取材に「携帯電話を使って数日前に本名で新しくフェイスブックを立ち上げた時に写真が流出したのかもしれない。写真が上がっていることも知らなかった」と説明。しかし、新しいアカウントが6日に削除されるまで、写真は2日間も“丸見え”状態に。すでに画像はネット流出したと思われ、取り返しのつかない事態になっている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事