高倉文紀
著者のコラム一覧
高倉文紀美少女・女優評論家

札幌市生まれ。女優評論家。Webサイト「タレントパワーランキング」(アーキテクト=https://tpranking.com/)、雑誌「日経エンタテインメント!」(日経BP社)などで女優や女性アイドルなどの取材・分析を手がける。映画パンフレット、芸能プロダクション・企業向け分析リポートの執筆も担当。note個人クリエーターページ(https://note.com/tokyodiorama/)。

藤間爽子は日本舞踊家との二刀流 若手女優シーンに新風を巻き起こす“しなやかなしぐさ”の魅力

公開日: 更新日:

藤間爽子(28)=NTTドコモ

 2022年秋のドラマで、若い世代を中心に大きな注目を集めているのは、川口春奈主演の「silent」(フジテレビ系)。10月13日に放送された第2話は民放公式見逃し配信サービス「TVer」で放送後1週間に489万回再生の歴代最高記録をマークした。

 このドラマで、川口春奈の親友役を好演しているのが、藤間爽子。

 ドラマにおける“親友”は、主人公の心の支えになったり、ときには背中を押す役割を果たし、好感度が高い俳優でないと演じきれない重要なポジションだ。最近の連ドラで注目を集めた親友の例としては、朝ドラ「半分、青い。」(NHK)で永野芽郁の親友を演じた奈緒、「魔法のリノベ」(カンテレ・フジテレビ系)で波瑠の親友を演じたSUMIREらが挙げられる。

 藤間は、NTTドコモ「だったらドコモだ」編のCMでは、ムロツヨシと共演。パステルカラーの服を着てメガネをかけて登場して、ロングヘアの女性に変身したムロツヨシから新型iPhoneについてプレゼンを受ける。

 ドコモの公式インタビューによると、CMの中に藤間がうなずくシーンがあり、撮影現場では2人で「うなずき」にもいろんな種類があることを語り合い、藤間のうなずきをムロは“爽子のうなずき”と名付けたという。

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    ダルビッシュ「サイドスローで日本ハム復帰」の可能性...かつて本人が語った“最悪最後、中継ぎも面白い”

    ダルビッシュ「サイドスローで日本ハム復帰」の可能性...かつて本人が語った“最悪最後、中継ぎも面白い”

  2. 2
    秋篠宮家が迫られる“悠仁さま広報戦略”の一手…急成長の宮内庁インスタと愛子さま人気で注目

    秋篠宮家が迫られる“悠仁さま広報戦略”の一手…急成長の宮内庁インスタと愛子さま人気で注目

  3. 3
    TM NETWORKデビュー40周年ツアーが千秋楽 生きる伝説3人でも直面する「老い」の現実

    TM NETWORKデビュー40周年ツアーが千秋楽 生きる伝説3人でも直面する「老い」の現実

  4. 4
    ダルビッシュ「日本ハムドラ1入団」の舞台裏…巨人が寝技で“4位指名画策”していた衝撃

    ダルビッシュ「日本ハムドラ1入団」の舞台裏…巨人が寝技で“4位指名画策”していた衝撃

  5. 5
    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

  1. 6
    ダルビッシュの根底にある不屈の反骨精神 “強いチームで勝ちたい大谷”との決定的な違い

    ダルビッシュの根底にある不屈の反骨精神 “強いチームで勝ちたい大谷”との決定的な違い

  2. 7
    自民“裏金”衆院議員44人の「新選挙区」はココだ! 政倫審拒否した全員を落選させるしかない【表付き】

    自民“裏金”衆院議員44人の「新選挙区」はココだ! 政倫審拒否した全員を落選させるしかない【表付き】

  3. 8
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  4. 9
    竹内結子さん急死 昵懇だった三浦春馬の死と自身の不調

    竹内結子さん急死 昵懇だった三浦春馬の死と自身の不調

  5. 10
    入団直後から“普通でなかった”思考回路…完封を褒めても「何かありましたか?」の表情だった

    入団直後から“普通でなかった”思考回路…完封を褒めても「何かありましたか?」の表情だった