aikoは「全てにおいて洗脳されていた」と法廷で証言…“カネのなる木”芸能人に群がる寄生虫ども

公開日: 更新日:

 歌手aiko(48)が代表取締役の芸能プロダクション「buddy go」に約1億円の損害を与えたとして、会社法違反(特別背任)罪に問われた元取締役、千葉篤史被告(58)の公判。このほど証人出廷したaikoは「全てにおいて洗脳されていた。逆らえば音楽制作が止まってしまう恐怖があった」と訴え、ツアーで販売するグッズの仕入れを水増し請求されるなどした悔しさをにじませた。

 千葉は「育ての親」としてファンの間でも知られていた。ポニーキャニオン時代にaikoを見いだしたのは確かだが、売れっ子になるやライブ運営などを牛耳り、住まいは渋谷区の高級マンションで全身ブランドの服に身を包み、高級外車を乗り回すような暮らしぶりだったという。それら全てがaikoが稼いだカネであったとすれば、その胸中も推して知るべしか。aikoが世間知らずだったのかも知れないが、業界に詳しい某芸能プロデューサーは「こうしたブローカーが跋扈しているのが芸能界」とこう続ける。

「グッズ販売ではトンネル会社などを通じて、仕入れ会社の担当者にもキックバックを支払い、甘い蜜を吸わせて隠蔽するというのがひとつのパターン。今回は被告の個人口座のことなどが報じられていることから察するに、被告はaikoさんに会社のお金の出入りについて、見せないでいられるような関係を築き、好き勝手やっていたのかもしれません」

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悠仁さまの筑波大付属高での成績は? 進学塾に寄せられた情報を総合すると…

  2. 2

    都知事選2位の石丸伸二氏に熱狂する若者たちの姿。学ばないなあ、我々は…

  3. 3

    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

  4. 4

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  5. 5

    一人横綱・照ノ富士が満身創痍でも引退できない複雑事情…両膝と腰に爆弾抱え、糖尿病まで

  1. 6

    くすぶっていた木村拓哉&新垣結衣“身長差問題”は杞憂? 「教場0」で相まみえるシーン複数

  2. 7

    昭恵夫人が講演で“固まる”珍事…参加者に旧統一教会の政治団体会員、質疑で安倍元首相を礼賛

  3. 8

    大谷がいちいち「大袈裟に球を避ける」のは理由があった!弱点めぐる相手投手との暗闘の内幕

  4. 9

    11日開幕エビアン選手権でわかる? 渋野日向子「完全復活」の試金石

  5. 10

    別居から4年…宮沢りえが離婚発表「新たな気持ちで前進」