市村正親 劇団仲間の妻と離婚して篠原涼子と再婚

公開日: 更新日:

<2003年5月>

 劇団四季の俳優として活躍した市村正親。84年に同じく劇団四季の新人女優、八重沢真美と結婚したが、03年5月に離婚し、20年間の夫婦生活にピリオドを打った。離婚後、市村は24歳離れた篠原涼子と再婚した。

 74年の入団以来、四季を支えてきた市村(当時35)が13歳下の八重沢と結婚したのは84年9月のこと。その後、八重沢は仕事をセーブし、弁当を作って楽屋に届けるなど夫優先の生活を続けた。

 ただ、夫婦の危機もあり、八重沢は市村の女性問題に悩まされ、一時的に別居したこともあったようだ。もっとも、スキャンダルの拡大を恐れた八重沢が事情を表に出さなかったため、大きく報道されることなく騒ぎは沈静化した。市村は90年に四季を退団。その後も2人は公私ともに支え合い、円満な夫婦生活が続いていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    日ハム栗山監督にファンが退任勧告も…後任不在の痛し痒し

  2. 2

    森七菜「移籍騒動」の代償…勢い急失速で連ドラ出演ゼロに

  3. 3

    玉木宏だからハマッた?「桜の塔」2ケタ視聴率キープの謎

  4. 4

    小池知事 いよいよ「五輪撤収、責任回避モード」に突入か

  5. 5

    山下智久「ドラゴン桜」再出演を阻む“3つのアクシデント”

  6. 6

    パ混乱の“日ハムクラスター”…球団や栗山監督に不信感増幅

  7. 7

    “親分の孫”野球エリート元慶大生 給付金詐欺で逮捕後の今

  8. 8

    今からもらえる給付金・補助金 こんなに申請受け付け中!

  9. 9

    今ごろインドを変異株指定…呑気な水際強化が招く次の恐怖

  10. 10

    安倍晋三がなぜ?「菅首相が継続すべき」発言“真の狙い”

もっと見る