バストに1億円の保険をかけた元祖巨乳 井上晴美

公開日:  更新日:

<1991年7月>

 バブル末期の91年、熊本から上京して16歳でデビューした井上晴美。同年7月、バストに1億円の保険をかけたことで話題を呼んだ。

 井上は熊本では五輪選手を目指して水泳に励んで、小学校時代には九州大会で優勝したこともあったが、水泳をやめてからバストがどんどん大きくなり、気がついた時にはEカップ、86センチに成長していた。

 上京後“桜っ子クラブさくら組”の一員としてデビュー。所属事務所はシングル発売に合わせ、バストに1億円の保険をかけた。過去には89年、瞳に1億円の保険をかけて話題となった田中美奈子の例もあるが、井上のバスト保険は話題性抜群でマスコミに大きく取り上げられ、“保険アイドル”とも呼ばれた。

 保険のシステムについて井上は「傷害保険の一種だから、胸が傷ついたり、病気になったりすると保険金が出るんですけど、金額はケガの程度で変わるみたい。もちろん蚊に刺されたくらいじゃ一銭も出ませんけど」と説明した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    34万「いいね!」 配達員が92歳女性に示した小さな親切

  10. 10

    樹木希林さんも別居婚 民法上の気になること弁護士に聞く

もっと見る