バストに1億円の保険をかけた元祖巨乳 井上晴美

公開日: 更新日:

<1991年7月>

 バブル末期の91年、熊本から上京して16歳でデビューした井上晴美。同年7月、バストに1億円の保険をかけたことで話題を呼んだ。

 井上は熊本では五輪選手を目指して水泳に励んで、小学校時代には九州大会で優勝したこともあったが、水泳をやめてからバストがどんどん大きくなり、気がついた時にはEカップ、86センチに成長していた。

 上京後“桜っ子クラブさくら組”の一員としてデビュー。所属事務所はシングル発売に合わせ、バストに1億円の保険をかけた。過去には89年、瞳に1億円の保険をかけて話題となった田中美奈子の例もあるが、井上のバスト保険は話題性抜群でマスコミに大きく取り上げられ、“保険アイドル”とも呼ばれた。

 保険のシステムについて井上は「傷害保険の一種だから、胸が傷ついたり、病気になったりすると保険金が出るんですけど、金額はケガの程度で変わるみたい。もちろん蚊に刺されたくらいじゃ一銭も出ませんけど」と説明した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    抗議デモの最中に…シレッとケーキ泥棒の女の動画が人気に

  2. 2

    吉村府知事が“袋叩き”に…大村知事リコール賛同の見当違い

  3. 3

    給付金利権の闇 違法団体だったサ推協と経産省疑惑の人物

  4. 4

    小池氏圧勝に赤信号 都知事選にイケメン対抗馬で無風一変

  5. 5

    コロナ禍で…世界トップレベルの下着モデルが農村でバイト

  6. 6

    河野氏の野暮すぎる変節 ブルーインパルス発案明言で露呈

  7. 7

    シースルー防護服の下は水着…男性患者には「大きな支援」

  8. 8

    殴られ踏みつけられ…ビートたけしを激撮したカメラマン魂

  9. 9

    “映え写真”のために手伝うフリ…身バレした女性が大炎上

  10. 10

    一人暮らしをする実母の通い介護で毎月赤字&預金減少に…

もっと見る