バストに1億円の保険をかけた元祖巨乳 井上晴美

公開日: 更新日:

<1991年7月>

 バブル末期の91年、熊本から上京して16歳でデビューした井上晴美。同年7月、バストに1億円の保険をかけたことで話題を呼んだ。

 井上は熊本では五輪選手を目指して水泳に励んで、小学校時代には九州大会で優勝したこともあったが、水泳をやめてからバストがどんどん大きくなり、気がついた時にはEカップ、86センチに成長していた。

 上京後“桜っ子クラブさくら組”の一員としてデビュー。所属事務所はシングル発売に合わせ、バストに1億円の保険をかけた。過去には89年、瞳に1億円の保険をかけて話題となった田中美奈子の例もあるが、井上のバスト保険は話題性抜群でマスコミに大きく取り上げられ、“保険アイドル”とも呼ばれた。

 保険のシステムについて井上は「傷害保険の一種だから、胸が傷ついたり、病気になったりすると保険金が出るんですけど、金額はケガの程度で変わるみたい。もちろん蚊に刺されたくらいじゃ一銭も出ませんけど」と説明した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    日産の“暴君”と対決した元広報マンはゴーン事件をどう見る

  2. 2

    元カノ小川アナは結婚…櫻井翔“クソ甘えん坊”の険しい前途

  3. 3

    上沼恵美子が試される…フジテレビの“実験”は吉と出るか

  4. 4

    野茂英雄氏と借金トラブル 元1億円投手の佐野慈紀さんは今

  5. 5

    深まる亀裂…対韓「経済制裁」強行で偽装アベノミクス自爆

  6. 6

    元スピードスケート五輪銅 山中宏美さんは銭湯でヨガ講師

  7. 7

    何があったのか…嵐「活動休止」櫻井翔の“予告”と複雑背景

  8. 8

    あのジャニーズが“バーチャルアイドル”2.19デビューの衝撃

  9. 9

    かつては“お荷物”…山下智久が引き寄せた仕事運と信頼

  10. 10

    「こりゃめでてーな」伊藤こう大が語る“破滅的”貧乏生活

もっと見る