麻田奈美 伝説のりんごヌード写真騒動

公開日: 更新日:

<1973年1月>

 ヘアヌードという言葉もなかった73年1月、「平凡パンチ」にあどけない顔の無名少女の全裸写真が掲載された。名前は麻田奈美(当時19歳)。いやらしさを感じさせない少女の鮮烈ヌードに、編集部にはテレビ局や映画会社からの問い合わせが殺到、ファンレターも大量に押し寄せる騒ぎとなった。1カ月後、反響に応えて再度、特集が組まれたが、この時掲載された股間をりんごで隠すポーズのグラビアが、今なお語り継がれる伝説の“りんごヌード”。麻田のヌード掲載誌は150万部を超える売り上げを記録、オナペットとしても話題になった。当時、若者たちの間では「りんごは食べるものではなく隠すもの」とも言われた。

 地位を確立した女優が映画宣伝などでヌードになるケースとは違い、麻田はヌードグラビアがデビュー作。その後、アイドルとしても活動するいわゆる“ヌードル”の先駆けだった。ヌード写真撮影のきっかけについて母親は、「急成長した娘のバストを記念してヌード写真を撮っておこうと素人ヌードに応募した」「猫と遊んでばかりで、外の空気に触れさせようと連れてきた」と異色デビューの背景を明かした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  2. 2

    GoToトラベル再開で経済効果あり? 適当なことをいうなっ

  3. 3

    出場選手「ワクチン優先接種」実施なら五輪中止のトドメに

  4. 4

    台湾脱線事故で日本の鉄道関係者に衝撃が走ったワケ

  5. 5

    五輪警官宿舎で“48億円ドブ捨て” 第4波備え都民に開放を!

  6. 6

    フミヤ還暦目前で確執決着? チェッカーズ再結成の奇跡も

  7. 7

    小池知事“数字”取れず…竹山が批判の動画も再生回数伸びず

  8. 8

    落合博満さんにこっそり聞いた「守備のポジショニング」

  9. 9

    株式会社TOKIO設立に隠された深い意味 復興を途切らせない

  10. 10

    眞子さまと小室さん描くシナリオ 弁護士合格で年内結婚?

もっと見る