麻田奈美 伝説のりんごヌード写真騒動

公開日: 更新日:

<1973年1月>

 ヘアヌードという言葉もなかった73年1月、「平凡パンチ」にあどけない顔の無名少女の全裸写真が掲載された。名前は麻田奈美(当時19歳)。いやらしさを感じさせない少女の鮮烈ヌードに、編集部にはテレビ局や映画会社からの問い合わせが殺到、ファンレターも大量に押し寄せる騒ぎとなった。1カ月後、反響に応えて再度、特集が組まれたが、この時掲載された股間をりんごで隠すポーズのグラビアが、今なお語り継がれる伝説の“りんごヌード”。麻田のヌード掲載誌は150万部を超える売り上げを記録、オナペットとしても話題になった。当時、若者たちの間では「りんごは食べるものではなく隠すもの」とも言われた。

 地位を確立した女優が映画宣伝などでヌードになるケースとは違い、麻田はヌードグラビアがデビュー作。その後、アイドルとしても活動するいわゆる“ヌードル”の先駆けだった。ヌード写真撮影のきっかけについて母親は、「急成長した娘のバストを記念してヌード写真を撮っておこうと素人ヌードに応募した」「猫と遊んでばかりで、外の空気に触れさせようと連れてきた」と異色デビューの背景を明かした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権「賭けマージャンは賭博罪」過去の閣議決定で墓穴

  2. 2

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  3. 3

    黒川氏辞任は身内の司法取引 東京高検“ルール”なら3アウト

  4. 4

    軍国主義に協力した「NHK朝ドラ」モデル 自発的隷従の怖さ

  5. 5

    木村花さん死去の悲劇…視聴者はフィクションへの認識欠如

  6. 6

    安倍首相が承認に前のめり “アベ友薬”アビガンに黄信号

  7. 7

    同志社女子大・影山貴彦氏 エンタメは不要不急でも不可欠

  8. 8

    守護神辞任で…官邸が次の検察トップに据えたい“ミニ黒川”

  9. 9

    見限られた日本のカジノ構想 世界一の業者が豹変した背景

  10. 10

    親から勘当状態…近江アナ“15歳差婚”で生じたわだかまり

もっと見る