麻田奈美 伝説のりんごヌード写真騒動

公開日:  更新日:

<1973年1月>

 ヘアヌードという言葉もなかった73年1月、「平凡パンチ」にあどけない顔の無名少女の全裸写真が掲載された。名前は麻田奈美(当時19歳)。いやらしさを感じさせない少女の鮮烈ヌードに、編集部にはテレビ局や映画会社からの問い合わせが殺到、ファンレターも大量に押し寄せる騒ぎとなった。1カ月後、反響に応えて再度、特集が組まれたが、この時掲載された股間をりんごで隠すポーズのグラビアが、今なお語り継がれる伝説の“りんごヌード”。麻田のヌード掲載誌は150万部を超える売り上げを記録、オナペットとしても話題になった。当時、若者たちの間では「りんごは食べるものではなく隠すもの」とも言われた。

 地位を確立した女優が映画宣伝などでヌードになるケースとは違い、麻田はヌードグラビアがデビュー作。その後、アイドルとしても活動するいわゆる“ヌードル”の先駆けだった。ヌード写真撮影のきっかけについて母親は、「急成長した娘のバストを記念してヌード写真を撮っておこうと素人ヌードに応募した」「猫と遊んでばかりで、外の空気に触れさせようと連れてきた」と異色デビューの背景を明かした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  2. 2

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  3. 3

    ソフトバンクを襲った“3重苦” 上場延期説が市場を駆け巡る

  4. 4

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

  5. 5

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  6. 6

    試行錯誤を経てたどり着いた「バントは時間稼ぎ」の極意

  7. 7

    市場が警戒する「危ない21社」 GC注記は半年前から2社増

  8. 8

    売り出し価格1500円 ソフトバンク株は買いか専門家に聞く

  9. 9

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  10. 10

    移民法、水道民営化…2つの悪法に共通する“竹中平蔵利権”

もっと見る