賑やかに行われた水の江滝子の「生前葬」

公開日: 更新日:

<1993年2月>

「一度でいいからターキーを抱きたかった」
 水の江滝子の遺影の前でこう弔辞を述べたのは俳優の西村晃。その横で籐椅子に座った水の江本人が爆笑している。

 2月19日、都内ホテルに500人が集まり、翌日78歳の誕生日を迎える水の江の生前葬が開かれていた。“故人”となった水の江は冒頭、「自分の遺影や花で飾られた祭壇を生きているうちに見られるのはとても幸せ」と挨拶。前代未聞の葬式がスタートした。

 前年、亡くなったいずみたくと中村八大の追悼コンサートに出席したのがきっかけだった。そのプロデュースをした永六輔に「生きているうちにこうしたことをやりたい」と相談すると「じゃあ、生前葬でもやりますか」という話になり、トントン拍子に進んでいった。

 それまでにも、生前葬の例がなかったわけではない。有名なのは60年に開かれた児玉誉士夫の生前葬。2人目の妻・安都子さんを交通事故で亡くした際、自らの葬儀も一緒に行うことにした。約2時間、裃(かみしも)を着けた児玉は微動だにせず、会葬は厳かに進められた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  2. 2

    杏とは“リモート離婚”…東出昌大のイバラ道はまだまだ続く

  3. 3

    安倍首相「逃げ恥作戦」大誤算…G7サミット延期で計画倒れ

  4. 4

    東京都「ステップ2」に移行 “第2波”危険スポットはどこだ

  5. 5

    緊急事態延長で深まる親子の溝 東出昌大と重なる父の苦悩

  6. 6

    松本穂香の出演は2年で10本!唐田えりかの“敵失”で急浮上

  7. 7

    日立は在宅勤務に舵 アフターコロナのサラリーマン生活

  8. 8

    Go To Travel“外国人も半額”デマ拡散…大慌て火消しの顛末

  9. 9

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  10. 10

    “満身創痍”ジャニーズ限定ユニットTwenty★Twentyの行く末

もっと見る