巨人優勝で丸刈りになった久米宏

公開日: 更新日:

 久米がうっかり口を滑らせたのは開幕直前の4月4日。「万が一にもありえないことですが、もし巨人が優勝したら、丸刈りになります。日本一になったら徳光さんの番組に出て万歳をします」と宣言してしまった。

 巨人優勝に絡む公約騒ぎだが、久米が初めてというわけではない。熱狂的巨人ファンとして知られる徳光は82年に巨人のV逸で丸刈りになっている。また、1年前の88年4月4日のNステでは黒鉄は優勝を逃した時には「1年間ジーパンをはかない」、川崎は「福神漬けを断ち、100万円を優勝監督に贈る」と公約。糸井に至っては「フンドシ姿で六本木を走る」と口走ってしまった。実際、糸井は巨人が2位になった際は、公約通りフンドシ姿で走らされてしまった。

 4月8日に始まったペナントレース。7割を超える驚異的な勝率で開幕ダッシュしたのは久米が応援する広島。だが、巨人も桑田、槙原、中継ぎから先発に復帰した斎藤が絶好調。打線も「4割を打って引退する」と宣言したクロマティがヒットを量産し、ゴールデンウイークを過ぎる頃からじりじりとゲーム差が詰まっていった。巨人は6月に首位に立ち、その後も順調に勝ち星を伸ばしていった。8月下旬には優勝も見え始めた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    河野太郎は防衛相の横滑りに「格下げだ」と難色示し抵抗

  2. 2

    安倍首相も大誤算 進次郎の人気凋落「次の総理」調査9P減

  3. 3

    浜崎あゆみと交際7年 なぜ「M」にTOKIO長瀬智也は登場せず

  4. 4

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

  5. 5

    TOKIO城島の結婚を阻む ジャニーズの「リーダー暗黙の掟」

  6. 6

    台風で倒れたゴルフ場のポールで家屋投壊…責任はどこに?

  7. 7

    人気番組で立て続けに発覚…TBS“やらせ”横行の深刻事情

  8. 8

    世界中が注目!子猫を救出した消防士が“男泣き”したワケ

  9. 9

    小児がん克服した男児が4歳の誕生日にもらった「黄色の愛」

  10. 10

    納得できない!罰金1万3300円に裁判費用400万円で徹底抗戦

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る