巨人優勝で丸刈りになった久米宏

公開日: 更新日:

 世間は久米に注目。糸井は「このような行為を“愚行である”と宣言しております。久米さんに“愚”を繰り返させることは本意ではない」とコメントする一方、徳光は「久米さんのために2分ほど枠を取ってあるんです」とワクワク。「頭はボクが刈ります」と日テレ内の理髪店でバリカン片手のパフォーマンスも行った。

 結局、巨人は10月6日に優勝。久米は10日に丸刈りになった。その後、巨人は日本シリーズで近鉄と対戦。3連敗したものの、加藤哲郎投手の“ロッテより弱い”発言報道で奮起して4連勝。逆転日本一を飾った。

 久米は11月3日の日テレ「ニュースプラス1」に出演。徳光の前で「読売巨人軍、バンザーイ、くやしいー」と屈辱の万歳姿を披露した。

◇1989年11月 4日、オウム真理教による坂本堤弁護士一家殺害事件発生。10日、ベルリンの壁崩壊。24日、チェコスロバキアで共産党政権崩壊。26日、大関小錦が初優勝。外国人力士優勝は17年ぶり。28日、ルーマニアの体操選手コマネチがハンガリーに亡命。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    渋野日向子フィーバーの裏で“渋い顔” 大会運営はツラいよ

  2. 2

    浜崎あゆみと交際7年 なぜ「M」にTOKIO長瀬智也は登場せず

  3. 3

    新契約と副収入で稼ぎ破格 渋野日向子メジャー制覇の値段

  4. 4

    れいわ山本太郎代表に飛び交う「10.27参院補選」出馬説

  5. 5

    渋野 米ツアー不参加表明に専門家は「行くべき」と指摘

  6. 6

    渋野日向子フィーバーが覆い隠す女子プロ協会のゴタゴタ

  7. 7

    志尊淳は「劇場版おっさんずラブ」で“評価急落”返上なるか

  8. 8

    渋野マネジメント会社決定で気になる大型契約と来季主戦場

  9. 9

    細野豪志に5000万円貸し付け「JCサービス」を特捜部が捜査

  10. 10

    吉本批判でも24時間ランナー 近藤春菜にあがる“怨嗟の声”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る