• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

官能描写に喜びの声 林真理子「愉楽にて」のエロチシズム

「この先どうなるの?」と期待が高まっているのが林真理子氏の連載小説「愉楽にて」。林氏は「毎朝、新聞の上で絢爛(けんらん)たる贅沢(ぜいたく)な世界をつくりたい」と意気込みを語り、今月6日から日本経済新聞に掲載されている。

 大手製薬メーカーの御曹司・久坂が父親から大金を譲り受け、シンガポールの高級マンションで現地の日本人女性とのアバンチュールを楽しむストーリー。これまで4人の駐在員妻と不倫を楽しんだ彼は、いま、現地の証券会社で働く30代の夏子を狙っている。まだキスだけの関係だが、今夜はさらに深い仲に発展しそうだ。その前に38歳の人妻・由希を愛撫する……。

 連載9回目の15日は由希の薄い下着に手をやって亀裂を中指でなぞり、女の敏感な部分を円運動で刺激。久坂は「こんなに濡れているよ……」と言い、由希はこらえきれずにソファに倒れ込んで、快楽に達してしまう……。官能的な描写にネット上では「結構エロい」「朝から心拍数上がるわ」と“喜びの声”がわき起こっている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「稼いだのは1カ月…」ブレークから10年たった鼠先輩は今

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    沖縄県知事選 玉城デニー氏「ひとつになって前進すべき」

  4. 4

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

  5. 5

    抑え崩壊で接戦恐怖症 巨人最後の手段は「守護神・菅野」

  6. 6

    今季でクビの選手が続出? 阪神“不良債権”11億円の中身

  7. 7

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  8. 8

    巨人と西武のオーナーが示唆も…「監督続投要請」の吉凶

  9. 9

    富士山大噴火 気象研「降灰量シミュレーション」の衝撃

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る