官能描写に喜びの声 林真理子「愉楽にて」のエロチシズム

公開日:

「この先どうなるの?」と期待が高まっているのが林真理子氏の連載小説「愉楽にて」。林氏は「毎朝、新聞の上で絢爛(けんらん)たる贅沢(ぜいたく)な世界をつくりたい」と意気込みを語り、今月6日から日本経済新聞に掲載されている。

 大手製薬メーカーの御曹司・久坂が父親から大金を譲り受け、シンガポールの高級マンションで現地の日本人女性とのアバンチュールを楽しむストーリー。これまで4人の駐在員妻と不倫を楽しんだ彼は、いま、現地の証券会社で働く30代の夏子を狙っている。まだキスだけの関係だが、今夜はさらに深い仲に発展しそうだ。その前に38歳の人妻・由希を愛撫する……。

 連載9回目の15日は由希の薄い下着に手をやって亀裂を中指でなぞり、女の敏感な部分を円運動で刺激。久坂は「こんなに濡れているよ……」と言い、由希はこらえきれずにソファに倒れ込んで、快楽に達してしまう……。官能的な描写にネット上では「結構エロい」「朝から心拍数上がるわ」と“喜びの声”がわき起こっている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  5. 5

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  6. 6

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  7. 7

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  8. 8

    芸人から女優へ イモトアヤコは“第2の泉ピン子”を目指す?

  9. 9

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  10. 10

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

もっと見る