官能描写に喜びの声 林真理子「愉楽にて」のエロチシズム

公開日:

「この先どうなるの?」と期待が高まっているのが林真理子氏の連載小説「愉楽にて」。林氏は「毎朝、新聞の上で絢爛(けんらん)たる贅沢(ぜいたく)な世界をつくりたい」と意気込みを語り、今月6日から日本経済新聞に掲載されている。

 大手製薬メーカーの御曹司・久坂が父親から大金を譲り受け、シンガポールの高級マンションで現地の日本人女性とのアバンチュールを楽しむストーリー。これまで4人の駐在員妻と不倫を楽しんだ彼は、いま、現地の証券会社で働く30代の夏子を狙っている。まだキスだけの関係だが、今夜はさらに深い仲に発展しそうだ。その前に38歳の人妻・由希を愛撫する……。

 連載9回目の15日は由希の薄い下着に手をやって亀裂を中指でなぞり、女の敏感な部分を円運動で刺激。久坂は「こんなに濡れているよ……」と言い、由希はこらえきれずにソファに倒れ込んで、快楽に達してしまう……。官能的な描写にネット上では「結構エロい」「朝から心拍数上がるわ」と“喜びの声”がわき起こっている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  3. 3

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  4. 4

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  5. 5

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  6. 6

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    FA浅村の楽天入り決定 ソフトBは“赤っ恥”で来季へ遺恨残す

  10. 10

    倉科カナが三くだり半…竹野内豊“結婚しない男”の罪深さ

もっと見る