私小説も出版の大塚咲さん AV卒業後はアート分野で活躍

公開日:

 2004年のデビュー以来、700タイトル以上ものAV作品に出演。とくに人妻モノで大人気だった大塚咲さん(32)。惜しまれつつ12年に引退したが、さて、今どうしているのか?

「今は、写真家、画家、それとイラストレーターですね」

 東京・神田神保町。三省堂書店裏手にある神保町画廊で開催中の個展に足を運ぶと、大塚さんはこう言ってほほ笑んだ。

 会場内の壁には、本格的に写真を撮り始めた11年から最新作までの大小約30点。セルフヌードや写真に加筆したペイント、コラージュなどが並ぶ。さすがに男性客が多く、中には差し入れの菓子包みを手渡す人も。しばらくすると若い女性グループが来場した。

「私がAV女優だったと知らず、SNSで作品に興味を持って来られる方もいらっしゃいます。少しは私の作品自体を好いてくれてるのでしょうから、とてもうれしいですね」 

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  3. 3

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  4. 4

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  5. 5

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  6. 6

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  7. 7

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  8. 8

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  9. 9

    巨人“台湾の大王”王柏融スルーは広島FA丸取り自信の表れ

  10. 10

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

もっと見る