原田龍二は氷山の一角“車内不倫の旗手”内野聖陽の恋愛遍歴

公開日: 更新日:

 先週、「週刊文春」に、複数の女性ファンとの“4WD車内不倫”を報じられた原田龍二(48)。逆風が吹き荒れる気配もあったが、今のところ目立ったバッシング報道などは起きていない。

「会見での対応が功を奏した感じです。立ち位置も俳優よりも芸人に近い感じですから、数年イジリ倒されてから復帰の流れになるでしょう」(芸能ライター・弘世一紀氏)

 原田の不貞で思い出されるのが、車内不倫の“パイオニア”ともいえる内野聖陽(50)のケースだ。2010年8月、当時妻帯者だった内野は自身が運転するミニバンに人妻を同乗させ、渋谷の高級ホテルに向かった。そして、3時間後にホテルを後にした2人が向かったのは住宅街のコインパーキング。そこで熱いキスを交わし、内野は脇目も振らずに人妻の胸をまさぐった。しかも、飲酒運転というおまけ付き。これがきっかけとなり、翌11年には女優の一路真輝(54)との離婚に至った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “手越砲”被弾のAKB柏木由紀 アイドル道と強心臓に揺ぎなし

  2. 2

    グロッキーな安倍首相 小池知事の“夏休み妨害”に怒り心頭

  3. 3

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  4. 4

    「半沢直樹」新ステージは“vs東京乾電池”柄本明より注目は

  5. 5

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  6. 6

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  7. 7

    綾瀬はるか熱愛報道から1カ月 周辺でハプニング続々のナゼ

  8. 8

    ドラフト目玉 中京大中京・高橋宏斗お受験にプロやきもき

  9. 9

    ラニーニャ現象起こるとパンデミック 歴史が物語る関連性

  10. 10

    安倍首相の体調不良説に拍車 高級ジム滞在「3時間半」の裏

もっと見る