元不倫相手の孤独死で…桂文枝「人間国宝」認定は絶望的に

公開日: 更新日:

 演歌歌手の紫艶さんが3月10日ごろ、1人で暮らしていた都内の自宅で亡くなっていたことを2日付の「FRIDAYデジタル」が報じた。41歳だった。紫艶さんは睡眠導入剤など複数の薬を服用していたといい、司法解剖の結果、病死とされたという。

 今回の“孤独死”によって改めて注目されたのが、桂文枝(75)との“不倫疑惑”だ。紫艶さんは2016年2月に写真誌で18歳から20年にわたる文枝との関係を告白。これによって長寿番組「新婚さんいらっしゃい!」(テレビ朝日系)の司会を務めている文枝の愛妻家のイメージは崩れた。ところが、大手メディアはなぜかこの問題を黙殺し、「新婚さん」も継続したことで疑惑はウヤムヤとなっていた。

「テレビ局側の都合もあり、恐らく今回も『新婚さん』は何事もなかったかのように継続されるでしょう。ただ、文枝が“一日でも早くなりたいと思っている”と宣言していた人間国宝は絶望的だと思います。50代女性との不貞疑惑を17年に報じられたことも尾を引いています」(芸能ジャーナリスト・浅見麟氏)

 人間国宝に認定されると、国から年額200万円の特別助成金が交付される。さすがにそれは国民の理解も得られまい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桑子と和久田 NHK朝夜メインキャスター異例トレードの成果

  2. 2

    やはり本命の彼女は…櫻井ファンがザワついた衝撃の“逸話”

  3. 3

    4月からTBSアナ 野村萬斎の娘を待ち受けるお局軍団の洗礼

  4. 4

    与野党の医師議員が“アベノマスクの乱” 政権の愚策に決起

  5. 5

    隠れコロナか 東京都で「インフル・肺炎死」急増の不気味

  6. 6

    二宮夫人を悩ます 嵐の“活動休止延長”と羽田新飛行ルート

  7. 7

    コロナ対策の休業補償 あからさまな夜職差別に批判殺到

  8. 8

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  9. 9

    加藤綾子リストラ危機…視聴率低迷と交際発覚のWパンチ

  10. 10

    志村けんさん「芸人運」にかき消された女性運と運命の相手

もっと見る