本橋信宏
著者のコラム一覧
本橋信宏作家

1956年、埼玉県所沢市生まれ。早稲田大学政治経済学部卒。私小説的手法による庶民史をライフワークとしている。バブル焼け跡派と自称。執筆はノンフィクション・小説・エッセー・評論まで幅広い。“東京の異界シリーズ”第5弾「高田馬場アンダーグラウンド」(駒草出版)発売中。「全裸監督 村西とおる伝」(太田出版)が、山田孝之主演でNetflixから世界190カ国同時配信決定。

歌舞伎町からやってきた野田にとって六本木は異国だった

公開日: 更新日:

「六本木の遊び人たちとは接触はありました。でもなんかこれは違うなと思いました。僕はそれよりも成城のほうで遊んでましたから。あちらのお坊ちゃまたちとお付き合いするっていうのがすごく楽しかったんですよ。たとえば黒沢明監督の息子とか」

 六本木は野田青年にとっては遠い街だった。

「僕らの友人が六本木の俳優座の真ん前にあるそこのビルの7階くらいにね、みんなの集まる場所があって、そこで知り合ったミュージシャンがいました。向こうは名前の通ったミュージシャン、こっちは歌舞伎町のたかが水商売の人間ですよ。よく遊んでくれたなと思ったね」

 六本木からほど近い飯倉片町の「キャンティ」は、1960年に開店したイタリア料理店であり、松任谷由実、加賀まりこ、ムッシュかまやつ、ミッキー・カーチス、三島由紀夫、伊丹十三といった著名人が夜ごと集った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桑子と和久田 NHK朝夜メインキャスター異例トレードの成果

  2. 2

    やはり本命の彼女は…櫻井ファンがザワついた衝撃の“逸話”

  3. 3

    4月からTBSアナ 野村萬斎の娘を待ち受けるお局軍団の洗礼

  4. 4

    与野党の医師議員が“アベノマスクの乱” 政権の愚策に決起

  5. 5

    隠れコロナか 東京都で「インフル・肺炎死」急増の不気味

  6. 6

    志村けんさん「芸人運」にかき消された女性運と運命の相手

  7. 7

    コロナ対策の休業補償 あからさまな夜職差別に批判殺到

  8. 8

    加藤綾子リストラ危機…視聴率低迷と交際発覚のWパンチ

  9. 9

    二宮夫人を悩ます 嵐の“活動休止延長”と羽田新飛行ルート

  10. 10

    体重60キロ説まで…日テレ水卜アナを襲う“リバウンド地獄”

もっと見る